福留孝介が語る練習へのモチベーション「自分が1番下手だと思って練習を・・・」

タグ: , , , 2020/12/22

 元フジテレビアナウンサーで、現在はスポーツアンカーの田中大貴さんと林歳彦さんがパーソナリティーを務めるラジオ関西の番組「としちゃん・大貴のええやんカー!やってみよう!!」(提供:株式会社ユーポス、株式会社ジャパンクリエイトグループ、もとの樹)。

前週に引き続き、日米通算2477試合出場を誇る福留孝介選手、元中日ドラゴンズで番組パーソナリティの田中さんと大学時代の同期でもある湊川誠隆さんをゲストに迎えた12/4放送回では、日米両方の野球を経験した福留さんが語る、日米野球の違い、さらには湊川さんが明かす福留さんの練習量や練習へのモチベーション、そしてあの「甲子園名物」についても語られた。

・今すぐ読みたい→
福留孝介が22年間第一線で活躍してきた理由「僕は人に憧れるということをしない」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kosukefukudome-reasons-for-success-01/

メジャー選手は試合後タッパーに・・・


日本球界のみならず、メジャーリーグでのプレー経験も持つ福留さん。

「野球」と「ベースボール」、その違いについてこう話している。

「ボールを遠くに飛ばす、だとか、速い球を投げる、そういったこと一つ一つをとって勝負をしたら、なかなか勝てない部分はあると思うんです。
じゃあそこをどうやって勝つか。日本の野球だと、みんなでまとまって一つになるだとか、細かいことをずっとやるといったそのトータルで勝てるのかなと思いますね。
なので、パワーだけだったらどんなことをやったって勝てないですよ。」

その上で、今シーズンメジャーから阪神へ加入したあの選手について触れた。

「今年阪神にきたボーア選手をみていると、ボールの飛び方が異常だもん。バッティング練習をみていると、バックスクリーンに入るだけじゃなくて、バックスクリーンの段の真ん中くらいまで飛ぶんですよ。そのくらい(メジャーの選手は)パワーがありますね。」

そんなパワーが凄いメジャーリーガーたちと共にアメリカで戦っていた福留さんは、彼らに対し、どんなことを考えながら立ち向かっていたのだろうか。

「そこはもう、自分は何が持ち味なのかということですね。出塁するためにフォアボールをとることも必要ですし、バントヒットをすることも必要。ただ、マイナー選手が若い時にコーチから何を言われるかというと、『フォアボールをとっても、上には上がれない』ってことらしいんですよ。だから、ガンガンに振ってくるんですよ。でも日本人選手はフォアボールをとると出塁率に繋がってくるし、それが得点にも繋がってきますよね。でもアメリカでは『ボールを見てどうするんだ。なんで振らないんだ』って言われるらしいんです。そういうところも日米の違いですよね。」





さらに福留さんは、プレー以外でこんなところにも日米野球の差があるという。

「アメリカの選手って、試合後飯食ってるのかなって思うんですよ。僕は家に帰るとご飯を作ってもらってそれを食べていたんですが、向こうの選手は、ロッカーに置いてあるケータリングをタッパーに詰めて持って帰り、家で食べるんです。だから面白いのは、メジャー選手の奥さんは球場へ来て、球場でご飯を食べて帰るんですよね。みんな1打席何百万円というレベルなのに、タッパーで持って帰って食べるんですよね。多分日本ほど食に欲がないと思うんです。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧