西武ライオンズのドラフトの歴史を振り返る!「神ドラフト」「残念ドラフト」はいつ?

タグ: , , 2021/9/26

残念ドラフト=2007年

【高校生】
4 武隈祥太(旭川工)投手
5 梅田尚通(鯖江)内野手
6 中田祥多(鳴門工)捕手
7 斉藤彰吾(春日部共栄)外野手

【大学・社会人】
1 平野将光(JR東日本東北)投手
3 藤原良平(第一工大)投手

 中田翔、佐藤由規、唐川侑己に高校生1巡目指名が集中した2007年。西武はスカウトの不正問題により上位2選手の指名権を剥奪(はくだつ)され、4巡目からスタートとなる厳しい戦いだったため、仕方のない部分はある。

 それでも高校生「最上位」指名の4位武隈が左の中継ぎとして20年まで319試合21勝59ホールドと奮闘。斉藤も守備と走力を武器に392試合出場。大学・社会人右腕の平野、藤原も1軍で見せ場をつくり、「残念ドラフト」というほど悪くないのだが、他の年に比べると見劣りする。

まとめ

 他球団と比較して、ドラフト当たり年が多い。涌井と片岡の04年、森と山川の13年も「神ドラフト」級で、レギュラークラスや主力投手が毎年1人以上出ている。手塩にかけて育てたスター選手が退団しても、補強はFAに頼らず、ドラフト戦略と育成でカバーする好循環が続いている。1980~90年代の黄金時代ほどの圧倒的な強さはないが、Aクラス常連の座は常にキープ。2000年代に入って優勝5度。Bクラス6度でも、最下位は1度もない。ドラフトで成功している代表的な球団といえるだろう。

●9/26(日)巨人vs阪神戦 巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんとオンライン酒飲み観戦!






[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
中田電撃移籍で思い起こされる巨人への過去の無償トレードとは
西武栗山が「ドラ4」5人目の2000安打!ドラフト順位はプロの世界で関係ない?
巨人・丸は「第2の村田」となるのか、思い起こされる「神宮事件」とは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧