「10月初めには準備できる」井上尚弥との“4団体統一戦”を熱望するバトラーが宣言!「試合は日本でも構わない」

タグ: , , , 2022/6/9

ともに4団体統一戦を望む井上(左)とバトラー(右)。果たして対戦は実現するのか。(C)CoCoKARAnext、(C)Getty Images

 ボクシングWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)は6月7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒でTKO勝ちを収め、日本人として史上初の3団体統一を成し遂げた。

【動画】わずか264秒の圧勝劇!井上尚弥が渾身の左フックでドネアを沈めた衝撃KOシーンをチェック!

「年内に叶うなら4団体統一戦をやりたい」

 圧倒的な力を見せつけた“モンスター”は、試合後にそう語っていたが、WBO同級王者のポール・バトラー(英国)も井上との対戦を熱望しているようだ。英プロモート会社『Probellum』が、彼の言葉を伝えている。

 バトラーは、すでに井上の代理人に「戦いたい」と伝えていると語り、さらに「ハッキリ言っておくが、私は勝てると信じて試合に臨むつもりだ。私はいつも通り、試合に勝って、文句なしのチャンピオンになれると信じてリングに上がる」と意気込みを述べた。

 また、「もし、日本で試合ができるのであれば、それで構わない」と来日しての試合も受け入れる覚悟で、「ドネア戦の前に、井上サイドは私に試合を受けるかどうか、受けるとしたらどこでやりたいか、と打診してきた。うまくいけば、このビッグファイトを実現できるかもしれない」と、すでに井上サイドからのアプローチがあったことも明かしている。

 バトラーは4月22日のWBO同級暫定王座決定戦後にオフに入り、まだ本格的なトレーニングには戻っていないようだが、井上戦に向けてのコンディション作りはイメージできているという。

「今からだと、最低でも12週間は必要だ」「スルタン戦以来、ジムには戻っていないが、10月の初めには準備できるだろう」

 誰もが“井上優位”を予想する今の状況は、バトラーにとって世界に名を売るチャンスでもある。果たして4団体統一戦は実現するのか。今後の動きに注目だ。





[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】「次元が違うだろ」井上尚弥、ドネアを圧倒した2RKO勝ちにファン唖然!「本物のモンスターでした」
【関連記事】井上尚弥の「心の強さ」の源泉は?大橋会長が明かす衝撃デビュー戦でのエピソード
【フォトギャラリー】ドネア戦の激闘を振り返る!“地球上で最強のアスリート” 井上尚弥を特集!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧