「やられる心配はない」井上尚弥戦にフルトンが自信!苦難を共にしたトレーナーも「彼は頭もいい」と賛辞

タグ: , , , , , , 2023/2/10

(C)Getty Images

 前世界バンタム級4団体王者の井上尚弥(大橋=29)と、世界スーパーバンタム級の2団体王者であるスティーブン・フルトン(米国=28)による一戦が今年の春、開催されようとしている。正式発表を待つばかりとなっているこの一戦、実現が近づくにつれ、井上の階級転向初戦の相手として迎え撃つこととなる、王者・フルトンのコメントもフォーカスされている。

 米ボクシング誌『Ring』では今月8日、公式サイト上でフルトン自身の井上戦への意気込みやトレーナーのワヒド・ラヒム氏のコメントを特集記事として掲載。これまで無敗で王者に登り詰めたものの、現在までの歩みは決して栄光に照らされてきたわけではないことが綴られている。

【関連記事】「彼のパワーは俺には関係ない」井上尚弥戦へフルトンが勝利宣言!米メディアも熱視線「この試合を見逃す手はない」






 記事ではフルトンについて、王者でありながらも地元フィラデルフィアでは支持されていないことや、米国内で軽量級ボクサーへの関心が薄いこと、さらには自身のルーツなどによりリング内外で不当な扱いを受けてきたと説明。同メディアは「彼自身と彼のチーム、そして数人の友人以外、誰も彼が日本に行って勝てるとは思っていない」と下馬評が圧倒的に低いことも記している。

 その上で「しかし、”クールボーイ・ステフ “(フルトンの愛称)は、そんなことは気にしない」と続け、フルトン本人が「日本に行って、やられる心配はない。戦い方を知っていれば、ジャッジやその他のことを気にする必要はないんだ」と自信をのぞかせたとしている。

 さらにラヒム氏も「フルトンは驚くほど自信がある。自信は能力をもたらすが、彼は頭もいい。公平に扱われるかどうかは気にしない。カメラの前では公平に扱われるかもしれないが、カメラの後ろでは違うかもしれない。私たちはそれに慣れている」として、フルトンへの信頼とともに周囲からの対応に揺るがない気構えを示したという。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧