F1ジャーナリスト・今宮純さんが急逝 アイルトン・セナ事故死の際は現地の放送ブースで解説

タグ: , , 2020/1/11

 F1ジャーナリストとして一時代を築いた今宮純さんが虚血性心疾患のため1月4日に急逝した。70歳だった。

今宮純さんのTwitter

選手やチームを常にリスペクトする姿勢


 多くのモータースポーツファンから愛される存在で、昨年もCS放送、フジテレビNEXTのF1中継で解説者を務めた。F1はルールや技術が複雑になってきたが、それらに精通していない初心者に対しても、スマートな語り口で分かりやすく伝え、選手やチームを常にリスペクトする姿勢を貫いた。

 私も1996年から東京中日スポーツのF1担当記者として10年近く今宮さんと一緒に仕事をした。「スーパーバイザー」の肩書でプレビュー、解説、レビューを執筆していただいた。

 当時はサーキットのプレスルームにLAN回線のようなものはなかった。レース結果やチームのプレスリリースは現地で紙で配られていたため、日本からファクスを持ち込んで1枚ずつ送った。

 記者の原稿はワープロに電話回線をつないで送信していたが、今宮さんの場合は手書き。プレスリリースのA4用紙の裏にボールペンで書き込み、それを現地でファクス送信していた。原稿の書き出しも、その時々の情景を取り入れ、まるで紀行文のようだった。

 F1ブームの火付け役となった故アイルトン・セナをこよなく愛する人でもあった。昨年1月に平成時代を振り返る連載企画で今宮さんに取材をさせてもらったが、セナに怒られた話など、数々のエピソードをまるで昨日のことのようにニコニコと語る姿は今でも忘れない。

・今すぐ読みたい→
F2選手権で死亡事故、「セナ死亡事故の教訓」と近代F1での新たな課題とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/f2-accident/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧