篠山竜青vs金丸晃輔のマッチアップ リーグ屈指の好カードは三河が3P攻勢で先勝

タグ: , , , 2018/12/29

●川崎 98-106 三河○

シーホース三河は悔しい敗戦となった富山戦から中2日。中地区2位の川崎ブレイブサンダースとのアウェー戦に挑んだ。

第1Qから壮絶な打ち合いとなり、残り5分まで1点差のクロスゲームとなったが、3Pシュート15本、71.4%という高確率で成功させた三河が100点ゲームで快勝。敵地の苦手意識を払拭し、勝率を5割に戻した。

3Pシュートを5本すべて成功させてゲームハイの30点の#0サザランドを筆頭に、#14金丸、#32桜木、#3ミークス、#4狩俣の5人が二桁得点をマークした。

・合わせて読みたい→
理不尽な状況下でも冷静さを保つ秘訣「リアル・ミッチー」(https://cocokara-next.com/motivation/real-mitchi-coolness-secret/)

1Q 川崎28–21三河


両チームのオフェンスが爆発。ハイスコアゲームに

スターティング5は、#3ミークス、#12西川、#14金丸、#32桜木、#46生原。

開始3分で4-2と立ち上がりこそ静かだったが、#3ミークスがオフェンスリバウンドをねじ込むと、そこから一気にテンポアップ。川崎#21マクリンにジャンプシュートを決められれば、#32桜木がゴール下で取り返し、#7篠山が3Pシュートを沈めれば、#14金丸が3Pシュートで追いつく、激しい点の取り合いとなる。
前節に引き続き、#14金丸にボールを集めると、フェイスガードを仕掛けられながらも果敢にアタックして7得点をマーク。しかし川崎も#33長谷川の3Pシュート、#22 ファジーカスのミドルシュートで一歩も引かない。終盤まで互角の展開が続いたが、ターンオーバーから川崎に走られ、7点ビハインドで最初の10分を終えた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる! 堀口恭司選手が実際にTシャツを着用しています。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧