B1リーグ・三河、広島に悔しい連敗を喫す

タグ: , , , , 2022/11/28

 11月26日(土)、11月27日(日)、シーホース三河は、相手ホームのエフピコアリーナふくやまで広島ドラゴンフライズと戦った。

26日に行われたGame1、立ち上がりから苦しい展開を強いられた。第1Qは相手にテンポよく得点を重ねられ、開始3分半でいきなり0―15と劣勢に。広島はメイヨがキーマンとなり、立て続けに3Pシュートを決められてしまう。9-29の20点差をつけられ第1Qは終了。

 巻返したい第2Qは互角の戦いを繰り広げるも、序盤の失点が響き差は縮まらず、27-48で終了。迎えた第3Qはローレンス、シェーファーが3Pシュートを決めるなど必死に食らいつくも49-66で終了。最終第4Qは長野の献身的なプレー、ガードナーが奮起するも、前半の大量失点が響き、72-85と敗れた。

【関連記事】Bリーグシーホース三河の西田優大が語る「エースとしての自覚」と「プレッシャーへの対応」





 迎えた27日のGame2、三河は前日の反省から立ち上がりの第1Qから気迫のこもったプレーで広島と一進一退の攻防を見せる。15-17と2点差をつけられ、第2Qへ。両者、競り合いが続く中、残り4分半の場面で前日もキーマンとなった広島・メイヨにタフショットを沈められて、7点のビハインドを背負う。

 迎えた第3Qは序盤から打ち合いの様相。西田、ローレンスが3Pシュートを決めるなど必死の猛攻も広島も逆転を許さない。52-60と8点差で第4Qへ突入する。迎えた最終Q、開始早々、リードを広げられるもローレンス、長野の3Pシュートなどで一時は5点差と盛り返す。しかし広島も辻が3Pシュート、エバンスのファストブレイクと一歩も譲らず。結局最後は74-87でこのカード連敗となった。

 欲しいところでしっかり加点できた広島と攻守でほころびが目立った三河の差が出たゲーム内容となった。三河は前カードから連敗が続き、苦しい戦いが続いている。

―試合結果―
2022年11月26日(土)
広島 〇 85 – 72 ● 三河
(三河通算成績 4勝8敗)

1Q 広島 29–9 三河

20点ビハインドと大きく出遅れる

スターティング5は、#4細谷、#9ローレンス Ⅱ、#19西田、#22シモンズ、#32シェーファー。

広島#24メイヨの3Pシュートで先制されると、#13エバンスを中心にテンポ良く得点を重ねられる。#32シェーファー、#19西田が積極的にリングに向かうもシュートを決め切ることができない。タイムアウトや選手交代で流れを変えようとするが、開始3分半で0-15と大きく出遅れてしまう。

開始4分、#54ガードナーのユーロステップでようやく初得点を挙げ、#7長野もドライブで続くが、広島#24メイヨに立て続けに3Pシュートを決められてリードを広げられる。

以降も反撃の糸口を掴めないまま、広島#24メイヨ、#8ブラックシアー・ジュニアの3Pシュートで29-4と25点のビハインドを背負う。#3柏木の3Pシュートで踏みとどまり、#9ローレンス Ⅱ、#54ガードナーのフリースローで喰らいつくも、29-9の20点ビハインドで最初の10分を終える。

2Q 広島 48–27 三河(広島 19–18 三河)

攻守にリズムを取り戻して互角に渡り合うも、21点差で後半へ

スタートは、#4細谷、#9ローレンス Ⅱ、#13ジャワト、#21橋本、#54ガードナー。

#54ガードナー、#18角野の連続3Pシュートで先手を取り、#9ローレンス Ⅱのドライブ、ゴール下の連続得点で29-19と10点差まで追い上げる。

しかし広島#0寺嶋、#3辻の3Pシュートで流れを引き戻されると、#0寺嶋のファストブレイクで再び点差を20点に広げられてオフィシャルタイムアウトを迎える。

#3柏木、#19西田の3Pシュートで追走するが、その度に返上されて点差を詰めることができず、終了間際に#19西田のゴール下で48-27としてハーフタイムに突入した。

3Q 広島 66–49 三河(広島 18–22 三河)

チームオフェンスで流れを掴み、一時は12点まで詰め寄る

スタートは、#4細谷、#9ローレンス Ⅱ、#19西田、#22シモンズ、#32シェーファー。

広島#0寺嶋の3Pシュートで先行されるが、#19西田のキックアウトから#9ローレンス Ⅱがオープン3Pシュートを沈め、#9ローレンス Ⅱのドライブから#32シェーファーが3Pシュートでフィニッシュ。#19西田との2メンゲームで#22シモンズがダンクとチームオフェンスで広島のタイトなディフェンスを崩して得点を重ねていく。

さらに#4細谷のスティールから#19西田がファストブレイクで加点すると、速い展開から#19西田、#9ローレンス Ⅱが立て続けに得点して流れを呼び込む。残り1分に#9ローレンス Ⅱの3Pシュートで12点差まで追い上げるが、広島も#8ブラックシアー・ジュニアの3Pシュートなどで譲らず、17点ビハインドで最終Qへ。

4Q 広島 85–72 三河(広島 19–23 三河)

長野、ガードナーが奮起するが、前半のビハインドを覆せず

スタートは、#7長野、#13ジャワト、#18角野、#21橋本、#54ガードナー。

#18角野がドライブで切り込みフリースローで先制するが、広島#8ブラックシアー・ジュニアの3Pシュートで再び20点のビハインドを背負う。

それでも#7長野が攻守にエナジー溢れるプレーで引っ張り、フローターと3Pシュートで連続得点。オフェンスリバウンドに飛び込んでバスケットカウントを獲得して75-61に追い上げる。

オフィシャルタイムアウト明けは#54ガードナーがボーナススロー、3Pシュートなど連続で11得点を挙げて最後まで反撃の姿勢を貫いたが、前半の大量ビハインドが重くのしかかり、85–72で敗戦した。

シーホース三河 ヘッドコーチ 鈴木貴美一  試合後コメント

今日は出だしが全てだと思います。

広島さんの勢いをディフェンスで止めれなかったことが敗因です。

2Q以降はディフェンスを修正したことで対等以上の展開になったと思うのですけれど、これだけ点差が離れるとなかなか厳しいです。

強いチーム相手にはエネルギーを消耗した状態で全てを遂行しなければならないので、力の差があれば間に合うのでしょうけれど、やはり20点差はきつかったと思います。

広島さんの出だしの勢いは素晴らしかったのでそれは素直に認めて、明日はやられないようにそしてさらに良いスタートができるように頑張ります。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧