坂本2000安打クリアも、同期マー君は残りまだ23勝・・・投手に厳しすぎる名球会のハードル

タグ: , 2020/11/12

 プロ野球選手にとって超一流の証しでもある名球会に入るための条件が、投手に厳しすぎる。20年シーズン限りで現役引退した阪神藤川球児投手(40)は「(日米合算)250セーブ」にあと5、巨人岩隈久志投手(39)は「200勝」にあと30届かず、ユニホームを脱いだ。

・今すぐ読みたい→
名球会右腕も・・・高校で「無名の控え」だったがプロ野球で活躍した選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/dominating-player-in-professional-baseball/


 一方、野手の名球会条件「2000安打」を今季クリアしたのが、巨人坂本勇人内野手(31)。11月8日ヤクルト戦(東京ドーム)で、右打者では史上最年少で達成した。野手では58人目となったが、投手は半数の29人しかいない。プロの構成比率が投手の方が多いことを考えても、名球会入りの基準は野手より投手が圧倒的に不利だ。

 坂本と同じ高卒同期入団のスーパースターを比較対象にするとわかりやすい。ヤンキース田中将大投手(32)は20年終了時点で177勝81敗(日本99勝、米国78勝)。頭部打球直撃の影響もあって今季は3勝にとどまったが、実働14年で12度の2ケタ勝利。楽天入団1年目から11勝し、13年には24勝0敗をマークするなど、スペシャルな活躍を続けながら、200勝にはまだ「23」も届かない。





 同じ「マー君世代」のツインズ前田健太投手(32)は150勝103敗(日本97勝、米国53勝)。広島で2度の最多勝タイトルを獲得するなど、球界では十分トップクラスの数字だが、200勝まであと50勝もしないといけない。もちろん、坂本が球界を代表する野手であることに間違いないが、投手の「200勝か250セーブ」のハードルがいかに高いかがわかる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧