今季のヤクルト の「選手層の厚さ」を象徴した出来事とは?橋上秀樹氏と真中満氏が分析!

タグ: , , , , , 2021/11/30

 オリックスとの大熱戦の末、見事20年ぶりの日本一に輝いた東京ヤクルトスワローズ。

昨年最下位からの「下克上」をやってみせたヤクルト。シーズン前の各解説者たちの下馬評を覆す結果ともなった。

【動画】橋上秀樹氏と真中満氏が振り返る「山田哲人の一年目はどうだった?」
・今すぐ読みたい→
巨人桑田C「特攻ローテ」続行で波紋 危惧される「あのこと」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-special-rotation/



球団OBでかつてはチームのコーチ経験もある橋上氏の予想は5位。

「昨年までの順位や戦力的なものを考慮して考えると、他の解説者たちもAクラスまでが精一杯の予想だったんじゃないでしょうか。
だから、ある意味いい誤算だったと思います。サンタナやオスナら外国人選手や、山田、村上の五輪出場組もさらに自信をつけたと思いますしね」

一方、かつては監督を務め、現在も野球評論家として活動する真中氏は「『忖度あり』で3位予想」。

そんな中で優勝した今季のチーム分析を、真中氏はこのように行っている。

「今年のヤクルト の戦力を見ると、巨人や阪神より整っていましたよね。ピッチャーも野手も。今年、チームに3割バッターも、二桁勝利をした投手もいないんですよね。
選手全員というか、みんなでバランスよく戦ってきて、巨人、阪神ら上位チームを倒したわけですから、結構力で勝ったという感じがします」





まさに「総力戦」で勝ち切ったヤクルト。中でも真中氏はそれを象徴する一例として、今季小川と並んでチームトップの9勝をマークするなど大きく飛躍した2年目の奥川についてこう述べている。

「奥川は投げる度に良くなっている印象でした。もちろん素材も良かったんですがここまで勝てるとは正直思っていなかったですね。今季は中10日でローテーションを回していましたけど、それをできるのは、ヤクルト先発陣の余裕というかゆとりがあったからだと思いますね」

故障を避けながら育成をはかっていく上で、今季、高津監督ら首脳陣は奥川を「中10日ローテ」で回すことを徹底してきた。

その上で、優勝が目前に迫る中でもそれを貫けたのは、ヤクルトの選手層の厚さだと真中氏は話す。

「終盤優勝争いをしていてピッチャーがいなかったら、普通監督は中6日で投げさせると思うんですよね。中10日なんて流暢なこといってられないですから。もちろん奥川の将来もありますけど、目先に優勝がぶら下がっていたら、取りにいきますよ普通。それだけそれを補ってくれるピッチャーがヤクルト にいたから勝てたってことなんでしょうね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧