実は、ヤクルトOB戦に呼ばれなかったあの名将の嘆き「私を誰だと…」

タグ: , 2019/8/2

 それはまさにヤクルトファンにとって「夢の夜」だったと断言できるでしょう。

 2019年7月11日、神宮球場で開催された「Swallows DREAM GAME」。球団創設50周年を記念したOB同士による一戦は、たいへんな熱狂をもたらしました。

フィールド・オブ・ドリームス


 午後から雨が降り出し、一時は開催も危ぶまれましたが、プレーボールとともに雨も上がっていきました。ヤクルトファンでおなじみ、さだまさしさんによる国歌独唱、同じくファンクラブ名誉会員の出川哲郎さんによる爆笑始球式とイベントも盛り上がる中で、かつて神宮の杜を熱くした名選手による夢の競演は、まさに映画「フィールド・オブ・ドリームス」を思わせるよう。ゲームセットの瞬間まで、ツバメ党の熱気は神宮の夜空に渦巻いていました。

 この夜のハイライトは4回裏の先頭でした。「バッター・野村」がコールされたのです。野村克也さんは「GOLDEN 90’s」の指揮官としてベンチ入りしましたが、足腰の衰えは隠せず、クラブハウスと球場間の移動はカートを利用し、球場内では車いすを利用していました。

 しかし、強打者の血が騒いだのでしょう。84歳は古田敦也さんや真中満さんらに支えられて打席に立つと、松岡健一さんのスローボールをフルスイング。その光景にスタジアムのボルテージは最高潮に達しました。

・合わせて読みたい→
ノムさんが選ぶ「平成ベストナイン」 とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/katsuyanomura-heisei-best-nine/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧