プロスケーター15年目の今 荒川静香が感じること「人間としての限界値がどこにあるのかを見ながら滑っていく」

タグ: , , , 2021/10/8

 フィギュアスケート女子シングル元日本代表の中野友加里さんがフィギュアスケートを様々な角度から視聴者へ届けるYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」。

先日より同チャンネル4人目となるスペシャルゲストとして、トリノ五輪金メダリストの荒川静香さんが登場。

その対談第3弾では、プロスケーターとなった今、荒川さんが感じること、さらにはコロナ禍で滑る難しさについて語られた。

【動画】本当の限界値はどこ・・・?荒川静香さんがコロナ禍で本田武史さんと話したこと

「今は人間としての限界値がどこにあるのかを見ながら滑っていく」


現役引退後、プロスケーターへと転向して現在15年目となる荒川さん。現役時代と比べ、フィギュアスケートに対する見方について、このような変化があったと言う。

「自分が『こう頑張る』と言うものではなくなり、人が何を見たくて、人のために滑ると言うスケートに変わったかなと思います。曲にしてもプログラムにしても、何を滑りたいかではなく、何を人が私に対して求めているのかなと言うことをすごく考えるようになりました。色々なことを学んでいますね」

これに対し、中野さんは

「この間、佐藤久美子先生に久しぶりにお会いしたんですが、その時に『静香ちゃんが一番頑張っているわよ。一番練習しているわよ』と言っていました。プロになってからも成長し、なおかつ柔軟性も保っているのがすごいなと思っています」

と、共に現役時代指導を受けた恩師からのエピソードを明かすと共に、プロ転向後も向上する荒川さんに尊敬の眼差しをむけた。





さらに荒川さんは、プロになって改めて感じたことについて、こう話している。

「チャレンジする部分というか、面白さが現役の頃とはまた違うんですよね。もちろん選手の時も、自分の限界値を目指してやってるには変わりなかったんでしょうけど、本当の限界値ではない。今は、人間としての限界値がどこにあるのかを見ながら滑っていく。技術的な部分も維持するにあたってそのクオリティも変わるし、今の自分に合ったものを常に探していくから常に色々なことが新しいんですよね。だから、変化もするし、フィギュアスケートって面白いなと思います」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧