中野友加里が「ロシア3人娘」を解説!彼女たちのもつ凄さとは?

タグ: , 2020/8/4

 昨年、フィギュアスケート女子において、グランプリシリーズ、グランプリファイナル全てを総なめにしたロシア3人娘ことアレクサンドラ・トゥルソワ、アンナ・シェルバコワ、アリョーナ・コストルナヤ。彼女たちのもつ凄さとは一体何なのか?

この3選手について、元フィギュアスケーターで現在は解説者として活動中の中野友加里さんが、元フジテレビアナウンサーでスポーツアンカーの田中大貴が様々なスポーツ選手・解説者等を迎えてトークを広げるYouTube「田中大貴のアスリートチャンネル」に出演し、強さの秘訣について語った。






・今すぐ読みたい→
中野友加里が羽生結弦を徹底解剖!「彼は毎日考えながら生きている選手」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-talks-about-yuzuruhanyu/

それぞれ切磋琢磨し合って強くなっていく


昨年一世を風靡した3人に加え、平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワも、皆同じコーチのもと練習に取り組んでいる。

「同じ練習時間を過ごす10代の選手が多いからこそ、皆がそれぞれ切磋琢磨し合って強くなっていくのかなと思います。私も現役の時は、村主さんや荒川さん、安藤美姫ちゃんや小塚くんと言った素晴らしいスケーターが周りにいましたし、そういう環境があると自分も頑張らなきゃ、強くならなきゃと思います。」

と、互いの存在が自分を高めていくと話す中野さん。

「ロシアの選手たちは同じ環境で同じような選手たちがいっぱいいる。そこで1人が4回転を跳んだら、『私も跳ばなきゃ、あの子が跳んでいるなら私も跳べるかも』となると思います。その中で次第に、やらなきゃいけない、できて当たり前という環境にだんだんなってくる。日本人でトリプルアクセルを跳べる選手が多いのも、伊藤みどりさんが築いてきた功績が大きいのかなと思います。私も伊藤さんと同じリンクで練習する中で、トリプルアクセルを跳ぶことは、当たり前だと思ってました。なので、愛知県でトリプルアクセルを跳べる選手が多かったのかなと思います。」

伊藤みどりさんをはじめ、中野さん、さらには浅田真央さんと、トリプルアクセルを跳べる選手が皆愛知を拠点としているのは、そういった練習環境があったからこそなのかもしれない。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧