日本ハム・斎藤佑が今季2度目の実戦登板、復活のカギを握るのは時代に逆行するあの球? 厳しいハードルも

タグ: , , 2021/7/23

 右肘靱帯(じんたい)断裂からの復活を目指す日本ハム斎藤佑樹投手(33)は21日に鎌ケ谷で行われたイースタン・ロッテ戦に7回からリリーフ登板。1回1安打1四球1失点、今季2度目となる実戦登板で直球の最速は138キロだった。

・今すぐ読みたい→
直球系120キロ台の今季初登板・・・どうなる斎藤佑樹 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukisaito-first-pitch/



 今後の一軍復帰を見据えて選んだ勝負球はツーシームだった。1点リードの7回に登板した斎藤は先頭の高部をツーシームで二ゴロに打ち取ると続く西巻には四球を与え二盗を許すと、1番・和田を再びツーシームで二ゴロに打ち取る。二死三塁で迎えた小川には中前適時打を浴び、1点を失うも、最後は同じくツーシームで遊ゴロに打ち取ってみせた。

 この日、奪った3つのアウトはすべてツーシームで奪ったとあって、「バッターの手元で動いていた。自信を持って使っていこうかなと思う」と希望を見出していた。

 前回の登板では直球の球速が主に120キロ台後半だったことで、「大丈夫か」と注目を集めていた斎藤。この日の最速は138キロと前回の132キロより球速は段々と上がってきている。しかし、一軍バッターに対して対応できるのかといえば心もとないのも事実だ。





 また斎藤はこれまでもカットボールやツーシームを用いて「打たせて、取る」ピッチングを常に模索してきた経緯がある。しかしそこにある課題を指摘するのはプロ野球OBだ。

 「ツーシームなど手元でわずかに動く球でゴロを奪うというものは、打者に振らせる必要があるために、やはりある程度の直球の球速、球威が必要となる。今の斎藤の状態では一軍レベルではまだまだ厳しいのではないか」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧