ロッテ・鳥越コーチが選手の指導で大事にしている事とは?

タグ: , 2019/6/28

 人呼んで「鬼軍曹」。千葉ロッテマリーンズの鳥越裕介ヘッドコーチはいつも厳しい視線を選手に注いでいる。選手を指導する上で大事にしているのは「人間力」だ。野球が上手い。それだけの選手ではなく人間力のある魅力的な選手を育てたい。いつも強い信念を持ち、指導にあたる。

(c)千葉ロッテマリーンズ


 「プロに行くことが決まった時に大分県立臼杵高校の先輩で、西鉄ライオンズでキャッチャーとして活躍された和田博実さんの元へ、ご挨拶に伺った。その時に頂いた言葉。今も大事にしているし実際に、それが一番大事だと思う。人としてどうあるかが最終的に大事」

 今は亡き大先輩がプロ入りした際に花向けの言葉として教えてくれた人間力の大切さ。それは長い月日が流れ、現役を引退し指導者の立場になった今でも胸に突き刺さっている。プロ野球選手として野球の力だけがあっても意味がない。人間力あってこそ存在価値がある。人間力溢れる選手こそが一流と呼ばれる。そう信じるからこそ、こと日々の立ち振る舞いには厳しく当たる。礼儀や挨拶などの細かい事や生活態度にも容赦なく苦言を呈する。

 指導をする上で大事にしているポリシーがある。それは親が子を想うように接することだ。指導者となって選手の親と接する機会が多くなった。そのたびに子を預ける親の愛情をヒシヒシと感じ取ってきた。

・合わせて読みたい→
大隣憲司コーチが小久保さんに怒られて気付いた事 【千葉ロッテ選手が大切にDOする言葉】(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kenjiotonari-important-word/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧