これって花粉症?「寒暖差アレルギー」とは

タグ: , 2021/3/8

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 季節の変わり目や、寒い場所からあたたかい部屋に入ったら花粉症のような症状が出てくる・・

熱はないのに鼻水やくしゃみが止まらない。

それはもしかしたら【寒暖差アレルギー】かもしれません。





・今すぐ読みたい→
がんにならないために!守るべき「がん予防12か条」 https://cocokara-next.com/stress/cancer-prevention-should-protect/


寒暖差アレルギーは、気温差や 屋外と室内の温度差など、寒暖差のある環境において鼻のムズムズ感、くしゃみ、透明の鼻水が出る といった症状がでる疾患。

花粉症のような、アレルギーに類似しているため「寒暖差アレルギー」と呼ばれていますが、医学的には「血管運動性鼻炎」と呼ばれているそうですよ。

血管運動性鼻炎の原因は、寒暖差によって自律神経のバランスが崩れることだそうです。

通常であれば寒いときは鼻の粘膜の血管が収縮、暑いときは拡張するところ、この調節がうまくいかなくなり、鼻の不調につながるそうです。

このように、症状は花粉症と似ていても、アレルギーとは異なります。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる! 堀口恭司選手が実際にTシャツを着用しています。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧