企業が求める人材は16年連続「コミュニケーション能力」その打開策とは

タグ: , , 2020/2/4

[記事提供:桑名涼子オフィシャルサイト|司会者|トーク診断士|タレント(http://ryoko-kuwana.net)]

 日本経団連が調査した「企業が社員採用時に求める資質」の統計をご覧下さい。

横軸が「年」で縦軸が「割合」です。

企業が社員採用時に求める資質は、16年間連続ダントツで「コミュニケーション能力」が第1位です。

2位の主体性とは、大きな差がついています。

16年間コミュニケーション能力の高い人を求めているということは、16年間コミュニケ―ション能力のある人が増えていないということでもあります。

なぜ、こんなにもコミュニケーション能力のある人が少なく、育たないのでしょうか。

■企業は「コミュニケーション能力」をどう捉えているのか?


まず最初に新入社員を採用する側の企業の方々は、「コミュニケーション能力」というものをどんなふうに捉えているのかを考えてみましょう。

これは、各企業が行っている新入社員に対するコミュニケ―ション研修の内容を見ると、推測できます。

多くの企業のコミュニケーション研修は、「名刺の渡し方」「挨拶の仕方」「トラブル対処法」「会話の仕方」「信頼の築き方」「話の聞き方」………等が中心です。

つまり、「コミュニケーション能力」の高い人とは、人と上手くやっていける人、相手を不快させない人など『対人関係が円滑にできる人』と捉えているようです。

ですが、こうして「対人コミュニケーション」に意識を向け、「対人コミュニケーション研修」からスタートしていては、いつになってもコミュニケ―ション能力は、育ちません。

対人コミュニケーションのベースにあるのは、セルフ・コミュニケーション(自分との調和)だからです。

まず、自分自身には、どういう傾向があり、何につまづき、どんなときに自分らしさを失い、何を得意とするのかなどを知ったうえで、自分自身と気持ちよく調和をすることが、セフル・コミュニケーションです。

つまり、自分自身とのコミュニケ―ション(セルフ・コミュニケーション)がとれていない状態で、円滑な人間関係(対人コミュニケーション)の方法について学ぶのは、基礎工事をしないで家を建ててしまうようなもの。

何回やっても、何百回やりなおしても、ゆるぎないコミュニケーション能力がつくはずもありません。

・今すぐ読みたい→
令和を生きる女性のシゴト観を考える。男性に求めるのは「3高」から「4低」へ?!(https://cocokara-next.com/lifestyle/womens-view-of-work-in-reiwa/)

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧