錦織なぜ勝てない 「決勝の呪縛」9連敗と日本人のメンタリティー

タグ: , , 2018/10/30

 決勝までに体力を消耗し、疲労が蓄積すれば、これまでと同じように打ったつもりでもミスが増える。一大会を戦い抜く体力面も課題の1つ。だが、それ以上に「決勝」という特別な舞台が影響していると考えられる。苦手を意識すればするほど、普段通りの力を発揮できない。錦織は専門的なメンタルトレーナーをつけ、知識も豊富だが、それでも決勝で勝てない現実を打破できない。

 01年ウインブルドンを制覇したイワニセビッチは言った。「圭には世界一の実力がある。でも勝負どころのメンタルが弱いままでは、グランドスラムはとれないだろう」。

 そもそも日本人のメンタルは弱いのか。脳科学トレーニングの研究では、欧米人に比べて、外界の影響を受けやすい遺伝子物質が日本人(アジア人)には多いという報告がある。こうした不安を軽減させ、自分に自信をつけさせるために、日本人アスリートの練習量は総じて多くなるという。ただ「練習量=メンタルの強さ」になるとは限らない。

 日本サッカー界のレジェンド、メキシコ五輪得点王の釜本邦茂氏は、日本人のメンタリティーをこう話している。「日本と欧州の根本的な差異は、農耕民族と狩猟民族の違いだ。ゴールを決めて試合に勝とうという強いモチベーションを持った本田圭佑のような、狩猟民族の選手が何人も出てこなければ、世界の強いチーム相手に勝つことはできない」。リスクを避け、シュートの直前でパスを選択してしまう日本人の欠点を指摘したものだ。

 メンタルに関する考え方はさまざまだが、不名誉な記録を阻止したいのは誰より錦織に他ならない。9連敗について質問されると「今回も別に悪いテニスはしていない。挑戦し続けるだけ」と話した。弱音は吐かないが、問題と向き合い、必死で闘っている。

 これまでの日本人ならツアー決勝進出だけでも十分な成績だが、錦織の実力は世界的に認められているからこそ、勝負弱さがクローズアップされる。課題を克服し、2年8カ月も続く「決勝の呪縛」から解放されたとき、初のグランドスラム制覇も見えてくるだろう。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧