F1日本GPの開催は?鈴鹿サーキット「発表できることはない」

タグ: , , 2021/8/15

 10月にF1日本グランプリを予定している鈴鹿サーキット(三重県)が10日、公式ツイッターを通じて異例の通知をした。

 「F1日本グランプリを気に掛けてくださる人が多く、感謝感激です。8月10日に何か発表があるのでは?と、一部報道やSNSで噂されていますが、本日時点で発表できることはございません」と報告し、「次の情報をご案内できる日まで、お待ちくださいますよう、お願いいたします」と続けた。

2019年のF1日本GP(ホンダ提供)

・今すぐ読みたい→
F1業界に激震 ホンダがF1からの撤退を決めた理由とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/honda-withdraw-from-f1/



 7月28日には新型コロナウイルスの感染が急拡大している現状を踏まえ、観戦チケットの先行販売・一般販売スケジュール、各チケット詳細の案内を延期すると発表していた。世界最大のスポーツイベントともいえる東京五輪が8月8日に無事に閉幕したことから、祝日明けの10日に開催に関する何らかの指針が示されるのでは、との臆測が流れたが、結果的には何のアナウンスもなかった。

 ちなみに昨年、F1日本GPの中止が発表されたのは6月だった。今年についてもモータースポーツの世界は慎重な姿勢だ。鈴鹿サーキットと同じモビリティランドが運営しているツインリンクもてぎ(栃木県)がホストサーキットとなっているオートバイのロードレース世界選手権日本GPは当初、10月3日決勝で計画されていたが、6月23日に2年連続の中止が決定。富士スピードウェイ(静岡県)で9月26日決勝で組まれていた4輪の世界耐久選手権・富士6時間耐久レースは7月7日に中止が発表された。

 鈴鹿側もF1日本GPをどうしても開催したいとの思いは強い。ホンダは今年限りでF1から撤退することが決まっており、ラストイヤーながらメルセデスと熾烈(しれつ)なチャンピオン争いを続けている。しかも昨年は日本GPが開催中止となったことから、仮に今年も開催ができない場合は、母国で強いホンダを見せられぬままF1から去るということになる。





 環太平洋諸国でのF1も中止が相次いでいる。4月11日決勝の中国、6月13日決勝のカナダのほか、10月3日決勝のシンガポールGP、11月21日決勝のオーストラリアGPが開催を断念。

 シンガポールGPの代わりにトルコGPが組まれたことから従来通り、日本GPは前戦からの2週連続開催となった。十分な隔離期間を確保できないまま、選手やチームスタッフを来日させなければならない状況にあり、その意味では隔離期間が用意された東京五輪とは事情が異なる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧