八重樫東、年末のタイトルマッチに向け始動「今は試行錯誤している段階」

タグ: , , 2019/12/2

「僕には時間がないので。他の若い子より時間がないんでね」

 「今現在はまだ減量には入っていないので、しっかり食べてしっかりトレーニングをしている段階です。減量は一ヶ月前から入るので、11月の23日以降が減量期かな、と思っています。それまではたくさん食べてたくさん動いて。今はもうフィジカルなり、いろいろなことに手をつけているの、そこを少しずつボクシングになじませていって、いい動きができるように試行錯誤している段階です。来週からスパーリングに入ります。スパーリングで調子をバンバンあげていって、いいコンディションで怪我なく試合にいけるように頑張っていきたいなと思います。」

「僕には時間がないので。他の若い子より時間がないんでね」と語る激闘王・八重樫。令和として迎える初めての年末、悲壮な覚悟でチャンピオンに立ち向かう。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

八重樫 東(やえがし・あきら)

1983年(昭58)2月25日、岩手県北上市生まれ。拓殖大学在籍時に国体でライトフライ級優勝。卒業後、大橋ジムに入門。元WBA世界ミニマム級王者、元WBC世界フライ級王者、元IBF世界ライトフライ級王者と世界3階級制覇を成し遂げる。プロ通算34戦28勝(16KO)6敗。162センチ。右のボクサーファイター。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧