メジャーで禁断「暗黙のルール」破り!新庄もトラウマに・・・

タグ: , , 2021/5/27

 「暗黙のルール」なるものがある。メジャーリーグでは「Unwritten Rules(アンリトン・ルール)」と呼ばれ、明文化されていない規則のこと。破ろうものなら、高い確率で報復にあう。今回はメジャー1年目のルーキーが一騒動起こした。

・今すぐ読みたい→
清田コロナ不倫解雇、清原薬物・・・球界の「キヨ」に続く災いにSNSでは「清宮、大丈夫?」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kiyo-is-included-in-the-surname-disaster/



 17日、ホワイトソックスが15-4とツインズをリードした9回表2死の場面。11点差で白旗状態のツ軍マウンドには、投手でなく野手が上がっていた。打席の新人メルセデスはカウント3-0(スリーボール・ノーストライク)からフルスイングし、本塁打を放った。翌日ツ軍との試合で、背中をかすめる危険球を受け、ツ軍の投手と監督が退場処分となった。

 ここでいう暗黙のルールは「点差が開き、勝敗がほぼ決まっている試合終盤で、有利なカウント3-0から打つべきではない」というもの。不文律を破った形のメルセデスは「ただ楽しんでいるだけ。これが野球だよ」と悪びれる様子はなかった。

 糾弾したのは、自軍のラルーサ監督で「彼は『待て』のサインを見落とした。大きなミス。我々は相手をリスペクトしなくてはいけない」と猛批判した。米国内では賛否両論があり「考えが時代遅れ」「敬意を欠いた行動」「規則上は何の問題もない」などと SNSで議論が起こった。





 日本人メジャーリーガーも洗礼を浴びたことがある。メッツ新庄剛志は01年5月24日、11-3とリードしたマーリンズ戦の8回、カウント3-0から打ちにいき、空振りした。翌日同じ相手との試合で、左肩に強烈な報復死球を受けた。その影響から04年に日本球界復帰した後、カウント3-0から打ちにいけなくなり「メジャー(3年間)の慣れがあってね」とトラウマになったことを明かしている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧