F1史上初の試み、『スプリント予選レース』を制したフェルスタッペン「何だか奇妙な気分」

タグ: , , 2021/7/18

 F1史上初となるレース形式の「スプリント予選レース」が17日、試験的にF1第10戦イギリスGPで導入され、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(23)=オランダ=がトップでゴール。同GPでのポールポジションとして記録上、認定された。2番グリッドからスタートし、トップグリッドだったメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)を1周目でかわした。

スプリント予選レースのスタートシーン(ホンダ提供)

・今すぐ読みたい→
F1業界に激震 ホンダがF1からの撤退を決めた理由とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/honda-withdraw-from-f1/



 欧州メディアによると、2位でゴールし、18日の決勝で2番グリッドとなったハミルトンは「ファンにとってどのように映ったかは知らないけど、初日の金曜日に予選があるのは面白いし、楽しめたよ。エキサイティングなレースになったかどうかは分からないが、このような類いのものは、やるべきだね。たぶん将来は異なるバージョンになると思うが、今週末については楽しめた」と振り返った。

 スプリント予選を制したフェルスタッペンは「ゴールラインを通過した後にチームから『よくやった。ポールポジションだよ』と(無線で)言われた。レース距離の3分1を走って、決勝のポールポジションだと耳にしたことは、何だか奇妙だね」と率直な感想を漏らした。

 決勝のグリッドを決めるスプリント予選レースは約100キロの距離で争われた。通常はノックアウト方式の予選が実施されるが、今季はイギリスGPのほか、イタリアGPなど計3レースで実験的に実施され、同レースの勝者が記録上のポールポジションとして扱われると定義された。ただし、1~3位には3~1点のボーナスポイントが特別に与えられ、これまで予選が得点対象でなかったF1の歴史に一石が投じられた形だ。





 主催した側のF1運営会社のロス・ブラウン・マネジングディレクターは「非常に満足している。F1にとっては全く新しいコンセプト。我々全員が目の当たりにしたことの一つは、レーシングドライバーがレーシングドライバーだったことだと思う。1周目はハラハラしたが、センセーショナルなものになった。その後のレースも競争になっていた」と成果を得られたことを強調した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧