最下位・栗山ハムが浮上するために必要な3つの条件とは・・・

タグ: , , , 2021/4/24

 22日のロッテ戦を3ー1と粘り勝ちした日本ハム。初回に自身3度目となる先頭打者アーチをかけた大田と7回6安打1失点の好投で2勝目を挙げた池田と投打のヒーローが注目を集めたが、舞台裏で注目を集めたのはスタメンを外された主砲の中田だった。この日は32歳の誕生日、自他ともに認めるお祭り男でもあり、3年前のソフトバンク戦では2安打5打点と大暴れしたこともあっただけにチーム内外から「これではますます本人のやる気をそぐのでは」とモチベーション低下につながることが危惧されているのだ。





・今すぐ読みたい→
ミスター・ファイターズがハム主砲・中田に金言!「怪我をしたのはマイナス。でも・・・」自身の裏話も披露 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukiotanaka-talks-about-shonakata/


 とはいえ今季通算成績はここまで20試合で打率1割8分9厘と低迷(22日時点)するだけに、何とか手を打たなければチームの浮上も望めない。そこで一つ浮上するのは「4番・中田」ではなく、下位の打順で楽に打たせるというプラン。ここまで栗山監督は主砲に全幅の信頼を置き、4番に起用してきた。一方でここまで低迷すると本人にもクリーンアップは荷が重い部分もあるかもしれない。この点に関して日本ハムOBの田中幸雄氏(53)も「打順を固定してもうまくいかなければ、いじってもいいと思います」と柔軟に対応すべしと説く。

 
 最近では巨人・原監督、ソフトバンク・工藤監督など選手の状態を見極めてオーダーを組むというのが主流になりつつある。「鳴かぬなら鳴くまで待とう」の家康方式ではなく、「鳴かぬなら鳴かせてみせよう」の秀吉方式に転換させるのも一つの手だというのだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧