原巨人 5位転落!深刻な「投壊」招いた「あの戦犯」とは

タグ: , , , 2022/7/18

 泥沼から抜け出せない。巨人は17日の広島戦(東京ドーム)に5ー10と敗れ、今季ワーストタイの5連敗。5位転落は4年ぶりとなった。同一カード3連戦で3試合続けてグランドスラムを浴びるのは史上初の屈辱、「投壊」現象は深刻で最下位も現実味を帯びてきた。

【関連記事】巨人の「ドラフト下手」は過去の話? 実は凄い1位指名の男たち






 途中までは勝ちパターンだった。初回にウォーカーの2ランが飛び出し、3回にはこのところ調子を上げてきた中田も2ランとリードを4点に広げる。

 悪夢は4回に訪れた。4回一死満塁とし、迎えた坂倉に先発の高橋がフェンス直撃の適時二塁打を許すと、長野、小園に連続四球。球は抜け、ストライクが入らない。それでもベンチは動かない。一死満塁から、このカード初戦にグランドスラムを放っている磯村に痛恨の押し出し四球を与えた時点で、交代。ベンチの原監督は太ももをバシッと叩いた。ふがいない左腕へのいらだちが現れていた。

 後を継いだ鍬原も流れを変えられなかった。一死満塁で迎えた堂林にカットボールを打たれ、満塁弾を浴びた。初戦は菊地、2戦目は戸根が満塁弾を許した。主催試合で今季最多の4万564人の観客が詰めかける中、3試合連続の惨状に本拠地に応援に訪れたファンからは悲鳴が漏れた。

 試合後の原監督は「私とコーチ陣の指導が悪いということ。選手は懸命にやっている。しっかり受け止めて指導していく」と責任を認めたが、中でも投手陣の不調は深刻だ。

 この日先発した高橋は再び抹消が決まった。このカードでは先発のアンドリース、中継ぎの戸根の抹消も決まるなど、ここにきて入れ替えが激しくなってきている。

 この3試合では3試合連続で満塁弾を浴びるなど、8被弾27失点となった。交流戦中から指摘されていた中継ぎ陣の整備どころか、先発陣をどう回すかにも頭を悩ませる状況となっているのだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧