原巨人 戸郷、高橋の乱調で「中5日構想」早くも「黄信号」か

タグ: , , 2022/2/25

 若手のアピールが続く巨人投手陣で心配な状況も出てきた。

 
 24日の楽天との練習試合(那覇)に3回から2番手としてマウンドに上がった左腕・高橋は先頭の西川にいきなり四球で歩かせると、その後、二盗を決められ、失点につながった。昨季のパ・リーグ盗塁王である西川に四球を与え、出塁を許すこと自体が「禁じ手」だが、その後も制球は乱れ3回5安打1失点。桑田投手チーフコーチも「彼はパワーピッチャーじゃないのでやっぱり制球力を上げていかないと」と昨季11勝をあげチーム勝ち頭となった若き左腕に成長を促した。

・今すぐ読みたい→
巨人・秋広、中山 生き残りを賭けた「9番勝負」の行方に戦々恐々の「あの選手たち」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-young-players-battle-it-out-for-a-position/



 さらに厳しい状況が浮き彫りになったのは3番手として6回からマウンドに上がった戸郷だった。戸郷も高橋同様、制球が乱れ、3分の2を投げて5安打4失点と散々な内容。最終的にはライナー性の打球が下腹部を直撃し、緊急降板するアクシデントにも見舞われた。

 桑田コーチは戸郷に関しても「(制球の)アバウトさは相変わらずですよね。2ストライクからど真ん中っていうのはあり得ないです」とバッサリ。見守った原監督も同じような失敗を繰り返す2人におかんむりだ。「1番心配している2人(高橋、戸郷)がなかなか、ね」と状態が上がってこないことを心配している。





 そして先発ローテーション入りを期待している2人の乱調で黄信号がともり始めたのが、今季も継続を打ち出しているチームの「中5日構想」だ。これは昨年優勝争いが佳境に入った9月から本格導入。一方で態勢が整っていないところに急きょ導入したことで先発、中継ぎ陣とも疲弊を招き、V逸の要因ともされた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【関西ダービー観戦イベント@6/10オリックスvs阪神】YouTuber『Bモレル』と日本一の投手コーチ『佐藤義則』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で人気YouTuber「Bモレル」さんとダルビッシュ、マー君を育てた日本一の投手コーチ「佐藤義則」さんがファンの方とお酒を飲みながらオリックスvs阪神戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧