野球選手の引退後、名コーチが語るセカンドキャリア

タグ: , 2019/1/3

 「野村ID野球の申し子」として、楽天や巨人、昨シーズンのパ・リーグ覇者ライオンズのコーチを務めた橋上秀樹氏。現役時代をヤクルト、日ハム、阪神で過ごし、来季は古巣ヤクルトの二軍チーフコーチに就任する。

2000年に現役を引退し、2005年にプロ野球に新規参入した楽天にコーチとして招聘されるまでの、空白の数年間について聞いた。

・合わせて読みたい→
ノムラID野球の名参謀がヤクルト復帰 「首脳陣に大切なことは首から上」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hidekihashigami-interview-03/)

引退してからの方が現役晩年より体を動かしていた


 高卒でヤクルトに入団し、日ハム、阪神と渡り歩き、2000年に現役を退きました。

引退した後は、次の年からゴルフショップの経営に入りましたね。経営することが第一ではなく、シニアツアーにゴルファーとして出たいという夢があったので。プロゴルファーを目指すかたわら、ゴルフを仕事にしてしまおうとショップを始めました。週に4、5回は練習場に行ったり、ラウンドにも行っていたので、野球選手の晩年よりは体をたくさん動かしていたと思います。1日何百球と打っていましたね。

野球がそろそろ限界かもしれないと思った時に、野球以外何ができるかわからなかったんですよね。色々な話を頂いたのですが、何がしたいのか、自分が何ができるのか分からなかった。引退してからどうするかを考えた時に、体を動かすことはできるだろう、って安易に考えていたところがあるんでしょうね。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧