国枝慎吾と初ダブルスを組んだ錦織圭「年明けには100%の状態に自信。全豪に向けてしっかりと準備したい」

タグ: , , 2020/12/7

 12月5日(土)に放送された『WOWOWテニスフェスティバル2020』。当日は日本のエース錦織圭をはじめ、国枝慎吾、西岡良仁、ダニエル太郎、三木拓也、奈良くるみ、日比野菜緒の現役選手が登場し、エキシビションマッチやトークセッションなど盛りだくさんの内容で開催された。

 会場は『さいたまスーパーアリーナ』に設置された特設コート。新型コロナ感染拡大予防のため、無観客での開催となった。

画像協力 WOWOW/WOWOWテニスフェスティバル2020

・今すぐ読みたい→
「日本のメディアは酷い。世界中で笑われる」 大坂なおみの記者会見に落胆の声 https://cocokara-next.com/stress/voice-of-discouragement-to-the-press-conference/





 午前中は試合本番に向けて選手の練習が行われた。奈良選手、日比野選手に続いて、錦織選手、ダニエル選手が登場し、ストロークを中心とした練習を披露。そして、同じコートに車いすテニスの国枝選手、三木選手も加わり、途中、試合でペアを組む錦織選手と国枝選手がストロークを打ち合う場面もあり、国枝選手は練習から鋭いショットを連発。それを打ち返す錦織選手の軽いフットワークと楽しそうな表情がとても印象的で、エキシビションマッチならではの何とも貴重な練習風景となった。

 13時から生放送がスタート。まずはWOWOWテニスアンバサダーの伊達公子さんが中継で出演。ゼネラルプロデューサーを務める愛媛県のジュニア大会の会場から、ジュニア育成に対する思いを語ると、錦織選手は「当時はテニスをプレーするのが楽しくて、何も考えずに試合に出ていた。けど、勝つことにはこだわっていた」とジュニア時代を振り返った。

画像協力 WOWOW/WOWOWテニスフェスティバル2020


 エキシビションマッチの第一試合は西岡選手とダニエル選手の男子シングルス。試合は35分の特別ルールで開催された。解説は松岡修造氏と錦織選手。錦織選手は「初めて試合を解説するので、とても緊張しています」と言いながら、随所で現役選手ならではの的確な解説を披露。

 ツアーの中ではまだ対戦がないふたりの試合。試合中のオンコートインタビューでは、西岡選手は「前回のエキジビションでは負けているので、今回は勝ちたい」と言い、ダニエル選手も「サーブでなるべくポイントを取り、さらに強い球を打ちたいと」と意気込みを語った。試合のほうは、10ゲーム目までお互いにサービスをキープ。11ゲーム目でダニエル選手がブレークし7対5で勝利した。

 試合の途中、解説席にいた錦織選手に異変が。「ずっと座っているのが苦痛なんです。座って見ているだけなのは苦行です」と言ってソワソワし始めた。しかし、解説では「マイケル・チャンコーチから指導され、ナダルと試合するときは前に出て、早いタイミングで打つことを心がけた」という、ふだんなかなか聞くことができない試合の戦術なども披露した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧