畑岡奈紗、大会連覇なるか!?「ウォルマートNWアーカンソー選手権」日本勢に大会直前インタビュー

タグ: , , , , 2019/6/28

 3日間の短期決戦の今大会は、2012年に宮里藍、2018年に畑岡奈紗が優勝していることから、日本のゴルフファンにも馴染みある大会のひとつ。

会場となるピナクルCCは2007年から同大会の開催コースとなっており、2009年にランディ・ヘッケンケンパーによって大規模改修が施された。グリーンサイドやフェアウェイに新たなバンカーを配し、ティーイングエリアを造り変えるなど距離を延長したことにより、戦略性豊かなコースとなっている。名物ホールは四方を池に囲まれたアイランドグリーンの15番パー3。

今年は前年大会で日本人史上最年少ツアー初優勝を遂げた畑岡奈紗がディフェンディングチャンピオンとして出場。コ・ジンヨンら実力者を迎え撃つ。大会連覇を期待される畑岡をはじめとした日本勢にインタビューを行った。

■畑岡奈紗

写真/GettyImages


Q.会場の色んなところに畑岡選手の写真がありますが、ディフェンディングチャンピオンとしての気持ちはいかがですか?
「思い出が蘇ってきます。楽しみな気持ちでプレーできるな、という感じです。」

Q.練習ラウンドはいかがでしたか?
「ピンポジションなど、去年の場所を想定して練習しました。」

Q.コースは雨が降って少し湿っているようですが、印象はいかがですか?
「4番ホールとかはもともと長いのですが、距離が伸びてより難しくなったと思います。」

Q.去年は6打差で圧勝しましたが、今年はどのような戦略を考えていますか?
「しっかりドライバーで距離を出しつつも、フェアウェイキープを意識します。フェアウェイをキープすれば結構チャンスにもつけやすいと思うので、それをやっていくだけかなと思います。」

Q.コースコンディションはいかがですか?
「火曜日まわった時は、雨でまだフェアウェイが刈れてなくて、結構ぐちゃぐちゃでした。去年に比べると転がりが少ないと思います。」

Q.先週のメジャー最終日で7アンダーをマークしましたが、ゴルフの調子はいかがですか?
「すごく良いわけではないですが、徐々に良くなってきているかと思います。」

Q.今週に向けて意気込みをお願いします
「優勝を目指して頑張ります。」

・合わせて読みたい→
高橋由伸×畑岡奈紗 「競技を戦うココロとカラダ」を対談(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshinobutakahashi-nasahataoka-conversation-01/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧