「ラスベガスでインパクトを残す倒し方をして勝った」井上尚弥が2020年を振り返る。

タグ: , , 2020/12/27

(c)WOWOW

 バンタム級のWBAスーパー王座とIBF王座を保持している3階級制覇王者、井上尚弥(27=大橋)が26日、WOWOWエキサイトマッチの「年末総集編」の収録に臨んだ。井上は今年4月にWBO王者のジョンリエル・カシメロ(31=フィリピン)と統一戦を行う予定だったが、コロナ禍の影響で先送りになった。代わりに10月31日(日本時間11月1日)に米国ネバダ州ラスベガスでジェイソン・マロニー(29=オーストラリア)を相手に防衛戦を行い、高い技術力と強打を披露して7回KO勝ちを収めた。

 そんな井上に先のマロニー戦のことやバンタム級のライバルたちのこと、今後の展望などについて話を聞いた。

・今すぐ読みたい→
堀口恭司のコーチ「過去試合は参考にならない別の選手。むしろ良い一年の休息だった」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/mike-brown-talks-about-rehabilitation-period-02/


――コロナ禍のなか不安を抱えながらの1年だったと思いますが、いかがでしたか。
井上 こういう状況なので試合をすることができない選手もたくさんいたなか、結果的に今年も試合はできたし、そこに関しては運が良かったと思います。マロニー戦の試合で入場するとき、それを実感しました。試合の実現のために力を貸してくれた人たちに感謝しています。

――本来ならば4月にカシメロと戦うはずでしたが、延びてしまいました。
井上 そのときは仕方ないなと思いました。あのときは中止ではなく延期ということだったので。気を引き締め直してトレーニングしなくては、と感じました。

――充実期ともいえる27歳。年間3試合を計画していたのにできませんでした。焦り、あるいは悔しさはありますか。
井上 そこまでの感情はないですね。1試合できただけもラッキーだったと思っています。

――そのマロニー戦は国内外で高い評価を得ていますが、自分なりの評価はいかがですか。
井上 そうですね、倒したパンチは自分でも良かったと思います。でも、それまでの試合の流れの作り方であるとかの部分でいうと反省点もあります。





――あの試合の最大の収穫はどんなことでしょうか。
井上 ラスベガスでインパクトを残す倒し方をして勝ったことですね。あのままダラダラ判定で勝つのではなく、倒しきれたことは大きな収穫だと思います。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【受注生産】堀口恭司チャンピオン復帰記念 メタルフォトフレーム

RIZIN.26で朝倉海選手に見事に勝利し、RIZINバンタム級チャンピオンに返り咲いた 堀口恭司選手のメモリアル限定デザインのメタルフォトフレームを販売いたします。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧