コミッショナーは「有観客」明言するも、沖縄キャンプでぬぐいきれない「あの不安」とは

タグ: , , 2022/1/12


 プロ野球とJリーグが合同で設置した新型コロナウイルス対策連絡会議の第46回が11日、オンラインで開かれ、プロ野球の斉藤惇コミッショナーは2月1日からの春季キャンプで2万人を上限にスタンドへファンを招き入れる方針を示した。

・今すぐ読みたい→
井端ジャパン「受難の船出」 手腕に期待する声も https://cocokara-next.com/athlete_celeb/u-12-samurai-japan/



 「キャンプについては自治体と話をつけてある。大声を出さない、という条件で2万人以下。2万人集まることがキャンプの場合はないので、自然に2万人以下になると思うが。有観客でキャンプを開催するという位置付けにしている」

 今季の公式戦については観客数制限なしのフルキャパシティーでの開催を訴えている斉藤コミッショナーは、キャンプについても実質的にフル解放とする方針を示した。

 沖縄県では新型コロナウイルスの変異種、オミクロン株が猛威を振るい、まん延防止等重点措置が適用されたばかり。一時は2000人に迫る数の新規陽性者が1日に出て、11日も775人の感染が拡大されるなど、感染爆発とも言える状態に陥っている。





 自治体とは「話がついている」と前置いた斉藤コミッショナーだが、その時期については「昨年末」とも明かした。オミクロン株による感染拡大が始まったのは年明け以降。さすがに当時と現在では状況がかけ離れすぎてはいる。ただし、沖縄県も、もう一つのキャンプ地である宮崎県にしても、キャンプ誘致は根幹産業の一つで、有観客となることで観光客による大きな経済効果が見込める。プロ野球にしても、昨年は無観客でのキャンプを経験し、スタンドにファンがいることによる緊張感の違いや充実度の差を痛いほど実感した。入場料が無料のキャンプを有観客にすることで、球団サイドにはさして金銭的な実入りはないが、そのことがチームや選手たちに大きなプラスの影響をもたらすことは分かっている。感染拡大に拍車をかけることは避けたいが、自治体と球団側は有観客とすることでウインウインの関係が保たれる構図でもある。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧