いよいよロッテ・佐々木朗希がプロ初登板へ!大谷翔平のプロデビュー戦を振り返る

タグ: , , 2021/5/11

 ついにベールを脱ぐ。ロッテの佐々木朗希投手が15、16日の西武戦のいずれかでプロ初登板する方針であると一斉に報じられた。井口監督は14日の試合前練習から1軍に合流させるという。

・今すぐ読みたい→
元巨人・斎藤雅樹がロッテ・佐々木朗希を分析「僕は絶対に預からない」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/masakisaito-talks-about-roukisasaki/



 大船渡高時代に歴代高校生最速となる163キロをマークした右腕。昨年はほぼ1軍に帯同して肉体強化に努め、1・2軍での公式戦登板はなかった。

 高卒2年目の今季はオープン戦で1軍相手に実戦デビュー。3月12日の中日戦で1イニングを無安打無失点とし、最速153キロを計測。開幕後は2軍のイースタン・リーグで球数とイニングを積み重ね、5月8日の楽天戦では6回5安打1失点で勝利投手になった。プロ入り後、実戦では最速となる156キロを投げ、順調にステップを踏んできていた。

 注目の1軍デビュー戦。佐々木といえば真っ先に比較されるのが、同じ岩手県出身で現在大リーグ・エンゼルスで活躍する大谷翔平の存在。やはり花巻東高時代に160キロを投げていた大谷の投手プロデビュー戦を、改めて振り返ってみたい。

 大谷は高卒1年目、外野手として開幕1軍をつかんだ。3月29日の開幕・西武戦に「8番・右翼」でスタメン出場し、2安打1打点した。その後は投手としては2軍戦で調整しながら、野手としての出場を続けた。途中、外野守備で右足首を捻挫するアクシデントもあり、投手としての1軍デビューは少々遅れた。





 ようやく初登板したのは5月23日のヤクルト戦。注目の初球は152キロの直球。先頭打者のミレッジに対し、外角低めに外れるボール球だった。初回に投げた10球は全て直球で、いずれも150キロ台で度肝を抜いた。3番岩村からは156キロで空振りを奪い、1998年の松坂大輔(当時西武)が残した155キロという新人投手のデビュー戦最速記録をいきなり更新してみせた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧