71年目の名門チーム、Bリーグ中地区序盤の天王山を制す 「記憶にない」開幕5連敗から3連勝

タグ: , , , 2018/10/25

〇三河 94 ‐ 71 富山●
(三河通算成績 3勝5敗)

 「オフェンスは水物、今年はディフェンスをしっかりやろう」と言うテーマを掲げ、71年目の名門を率いるヘッドコーチ(HC)・鈴木貴美一。

リーグ屈指の攻撃力を持つ富山と、歴史的に手堅い、ディフェンスに重きを置く三河の対決は、終わってみれば今季最多得点94得点で三河の大勝。今季から新加入、元NBAのジェームズ・サザランドが内からは豪快なダンク、外からは繊細な3ポイントを決め続け36得点。特に2Qの10分だけで21点と大暴れ。

 チーム創設71年目の歴史の中で、「記憶にない」(チーム関係者)と言う開幕5連敗を喫した後、中地区首位の富山を攻守にわたり圧倒。中地区序盤戦の天王山を制して3連勝。

今年から「新体制」となった名門チームの歯車がかみ合いだした。

・合わせて読みたい→
日本代表・比江島、橋本が移籍した三河 新体制にエース・金丸晃輔「僕の方が移籍した感じ(笑)」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/seahorse-mikawa-new-system/)

「攻撃は水物」 ディフェンス重視も終わってみれば最多の94得点

 三河今季初のホームでのナイトゲーム「ASLEEP DAY」BURN THE BLUE NIGHT。初代「シーホース三河PR隊長(代理)」の高柳明音さん (SKE48)が今季初めて来場。チアリーダー「Super Girls」 もハロウィンの可愛い仮装で登場して「水曜シーホース」を盛り上げた。

この日、三河の2ポイント成功率は70%。「今年は守りをしっかりやる」と言う三河ディフェンスはリーグ屈指の攻撃力を持つ富山オフェンスを対策通り封じた。

三河はサザランドの他にも、バッツが11得点9リバウンド4アシストと39分間ゴール下を守り抜くと、金丸12得点、桜木9得点11リバウンド7アシストとオフェンスを牽引。途中出場の西川、村上、狩俣もそれぞれの役割を果たし、チームと観客が一丸となって、中地区首位の富山グラウジーズから「大きな一勝」(鈴木HC)を掴んだ。

1Q 三河25–15 富山


堅守と三河らしいオフェンスで二桁リード

スターティング5は、#5バッツ、#14金丸、#24加藤、#32桜木、#46生原。

#5バッツが富山#34スミスとの重量級対決で上回り、2連続で#34スミスのゴール下のシュートを阻止すると、オフェンスでもファストブレイクからバスケットカウントを獲得してチームに勢いを与える。
その後も「緩急をつけたシーホースのバスケット」(鈴木HC)を展開し、#14金丸が連続得点で6点をマークして抜け出すと、#5バッツのリバウンド、#4狩俣の3Pシュート、#32桜木のジャンプシュートでリードを二桁に広げる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧