71年目の名門チーム ラスト数秒 KJ松井の3ポイント決まらず…

タグ: , , , 2018/11/24

 「愛知ダービー」連勝の勢いを持って秋田の地に乗り込んだ三河だったが、秋田ノーザンハピネッツの強度の高いディフェンスに苦戦し、オフェンスのリズムを掴むことができない。

それでもタフなディフェンスで持ちこたえ、最後まで1点を争う大接戦を演じたが、わずかに及ばず。連勝を伸ばすことはできなかった。

・合わせて読みたい→
理不尽な状況下でも冷静さを保つ秘訣「リアル・ミッチー」(https://cocokara-next.com/motivation/real-mitchi-coolness-secret/)

1Q 秋田 17–15 三河


多彩なオフェンスで幸先の良いスタートも、終盤に逆転を許す

スターティング5は、#12西川、#14金丸、#32桜木、#33ジェレット、#46生原。

立ち上がりは#32桜木にボールを託して三河がペースを握る。ペイントの空いたスペースに飛び込んだ#46生原を見逃さず、絶妙なパスを送って先制点をアシストすると、自らのミドルジャンパー、カットインする#12西川との合わせとバランス良く得点を積み上げていく。
しかし終盤、三河のターンオーバーを#24保岡の3Pシュートにつなげてリズムを掴んだ秋田に、3Pシュート、バスケットカウントの3点プレーでリードを奪われる。
残り1秒、バックコートからのスローインを直接バックボードに当て、跳ね返りを#16松井がシュートするトリックプレーで逆転を狙ったが決められず、2点のビハインドで1Qを終了する。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧