B1リーグ・三河、ローレンスⅡが22得点と奮闘も敗戦。CS進出を逃す

タグ: , , , 2022/5/9

―試合結果―
2022年5月8日(日)
三河 ● 76 – 91 〇 川崎
(三河通算成績 30勝23敗)

1Q 三河 14–24 川崎


シュートタッチに苦しみ、二桁ビハインド

スターティング5は、#3柏木、#9ローレンス Ⅱ、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。

川崎#22ファジーカスに先手を取られるが、#32シェーファーがリバウンドを弾いてつなぎ、セカンドチャンスで#9ローレンス Ⅱが3Pシュートを沈める。

#19西田を中心にチームオフェンスを展開するが、シュートタッチが悪く重い出だしとなり、川崎#0藤井の連続3Pシュートで追いかける展開となる。

#9ローレンス Ⅱのカットイン、リバウンド、フリースローの連続得点で追随するが、川崎#0藤井を起点に#35ヒース、#27熊谷らにテンポ良く得点を重ねられ、残り2分半に9-20と引き離される。





2Q 三河 35–34 川崎(三河 21–10 川崎)

激しいディフェンスで10失点に抑え、逆転に成功

スタートは、#7長野、#9ローレンス Ⅱ、#14ユトフ、#18角野、#32シェーファー。

#18角野がアグレッシブにインサイドに切り込み、フリースローで先制。2本目のフリースローは外れるが、自らリバウンドを取って3Pシュートを射抜く。会場も熱い青援クラップで選手の背中を押す。

足を使った粘り強いディフェンスで川崎の得点を約4分間止めると、#7長野が#32シェーファーのカットイン、#14ユトフの3Pシュートを立て続けにアシストして、23-24と1点差に迫る。その後も激しいディフェンスの応酬が続き、23-26でオフィシャルタイムアウトを迎える。

川崎#0藤井のボーナススローでリードを広げられるが、#14ユトフのミドルシュート、スティールからのファストブレイクで#54ガードナーがフリースローを獲得。#19西田がスティールからプッシュし#3柏木の逆転の3Pシュートをお膳立てする。

残り1分から#14ユトフが2連続で3Pシュートを射抜いて35-31とリードするが、川崎#0藤井が3Pシュートを入れ返され、1点リードで試合を折り返す。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧