カブス・鈴木誠也 開幕から12試合連続出塁で岩村明憲に並ぶ 屈指の「選球眼」に称賛の声も

タグ: , , 2022/4/21

(C)Getty Images

 カブス・鈴木誠也外野手(27)は20日(日本時間21日)、本拠地で行われたレイズとの交流戦に前日に続く「2番・右翼」で先発出場。5回の第3打席で四球を選び、開幕から12試合連続出塁を記録した。

・今すぐ読みたい→
【動画】敵地のファンも総立ち!鈴木誠也の4号ソロアーチ https://cocokara-next.com/mp/seiyasuzuki-4-homer/



 この日の第1打席は空振り三振、第2打席は見逃し三振。相手2番手・ビークスとの対戦となった5回の第3打席で、カウント3―1から四球を選んで、これで開幕から12試合連続出塁をマークした。日本人メジャーリーガーとしては07年のレイズ・岩村明憲が記録した開幕からの最長出塁記録に並んだ。

 カブスのロス監督も鈴木の選球眼に関しては「優れた目を持っている」と絶賛。鈴木は直近5試合で7つ目の四球となった。先週はメジャー初の週間MVP獲得も話題を呼んだが、自身の役割をしっかり理解している。雨が激しくなった6回の守備で、メジャー初となる途中交代。試合は雨天コールドでレイズの勝利となった。






[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
▼巨人・中田 二軍落ちカウントダウンか 気になる「あの兆候」とは
▼矢野阪神 借金15の泥沼!4月中にも自力V消滅の異常事態で指摘される「首脳陣の失策」とは
▼エンゼルス・大谷 パーフェクトピッチング!自身最多タイ12Kで今季初勝利の裏に「勝負球復活」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧