絶好調大谷とレジェンド・プホルス戦力外の関連性とは

タグ: , , 2021/5/8

 エンゼルスのアルバート・プホルス内野手が6日(日本時間7日)、メジャー登録の40人枠から外された。事実上の戦力外とする扱いで、球団と本人が話し合った末に双方が納得した上での措置という。

・今すぐ読みたい→
名将・マドン監督が大谷に託す「思い」とは・・・ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/joe-maddon-evaluate-shoheiotani/



 プホルスは現役続行を希望しており、今後は新たな移籍先を探す。通算667を放ち、歴代4位のアレックス・ロドリゲスにあと29本と迫っていた。将来殿堂入り間違いなしと言われる球界の顔の突然の構想外に、米球界には衝撃が走った。そして、その衝撃の引き金となったのは、紛れもなく大谷翔平の二刀流復活と、ジャレッド・ウォルシュの二刀流封印にあった。

 大谷は今季打撃が絶好調で、ここまで投打含めて全試合に出場を続けている。以前ならば登板の前後は休養日に充てていたが、マドン監督はそのポテンシャルを生かすため、積極的に起用。登板前日や翌日も含めて、DHでチームに欠かせない存在になっている。

 もう一人のウォルシュは、大谷の入団に合わせて2018年に投打二刀流に挑戦。2019年には投手として5試合に救援し防御率1・80。打者としては31試合で打率・203、1本塁打、5打点だった。新型コロナウイルスの影響でシーズンが短縮された昨季は打者一本でプレーし、32試合で打率・293、9本塁打、26打点と台頭。今季は正一塁手として打率・330、6本塁打、22打点と躍進した。





 41歳と高齢のプホルスは一塁かDHでしか出場できない。しかし、一塁はウォルシュが固定。DHも大谷が連日出場し、登板試合ではDHを解除してリアル二刀流出場することが増えてきた。現役続行を希望するプホルスも、そのまま代打要員としてベンチでキャリアを終えるつもりはない。エンゼルスとプホルスの両者にとって、必然ともいえる選択が今回の放出劇だった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧