絶好調大谷とレジェンド・プホルス戦力外の関連性とは

タグ: , , 2021/5/8

 エンゼルスのアルバート・プホルス内野手が6日(日本時間7日)、メジャー登録の40人枠から外された。事実上の戦力外とする扱いで、球団と本人が話し合った末に双方が納得した上での措置という。

・今すぐ読みたい→
名将・マドン監督が大谷に託す「思い」とは・・・ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/joe-maddon-evaluate-shoheiotani/



 プホルスは現役続行を希望しており、今後は新たな移籍先を探す。通算667を放ち、歴代4位のアレックス・ロドリゲスにあと29本と迫っていた。将来殿堂入り間違いなしと言われる球界の顔の突然の構想外に、米球界には衝撃が走った。そして、その衝撃の引き金となったのは、紛れもなく大谷翔平の二刀流復活と、ジャレッド・ウォルシュの二刀流封印にあった。

 大谷は今季打撃が絶好調で、ここまで投打含めて全試合に出場を続けている。以前ならば登板の前後は休養日に充てていたが、マドン監督はそのポテンシャルを生かすため、積極的に起用。登板前日や翌日も含めて、DHでチームに欠かせない存在になっている。

 もう一人のウォルシュは、大谷の入団に合わせて2018年に投打二刀流に挑戦。2019年には投手として5試合に救援し防御率1・80。打者としては31試合で打率・203、1本塁打、5打点だった。新型コロナウイルスの影響でシーズンが短縮された昨季は打者一本でプレーし、32試合で打率・293、9本塁打、26打点と台頭。今季は正一塁手として打率・330、6本塁打、22打点と躍進した。





 41歳と高齢のプホルスは一塁かDHでしか出場できない。しかし、一塁はウォルシュが固定。DHも大谷が連日出場し、登板試合ではDHを解除してリアル二刀流出場することが増えてきた。現役続行を希望するプホルスも、そのまま代打要員としてベンチでキャリアを終えるつもりはない。エンゼルスとプホルスの両者にとって、必然ともいえる選択が今回の放出劇だった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧