大谷41号!「異次元すぎる!」スーパーマンぶりをまたまた発揮!

タグ: , , 2021/8/27

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)に敵地で行われたオリオールズ戦に「1番・DH」で先発出場。初回の第1打席で先頭打者弾となる41号を放ち、この日は2打数1安打2四球で打率は2割6分9厘。この日の5回の第3打席で日米プロ9年目にして初の規定打席に達した。


 
 初回先頭打者で迎えた第1打席、1ストライクからの2球目、大谷は左腕・エイキンの甘く入ったカーブを見逃さなかった。思い切って振りぬいた打球は右翼席上段の観客席へ高々と上がる「ムーンショット」に。一見外野フライにも思える打球を規格外のパワーで本塁打にしたとあって、SNS上では「目覚めの一発!」「異次元すぎる!」など、大興奮となった。これでア・リーグ全球場で本塁打をマーク、7試合ぶりとなる一発で本塁打争いを繰り広げるゲレーロJr.(ブルージェイズ)にも5本差をつけた。

今回の遠征地であるボルティモアはベーブ・ルース生誕の地としても知られる。二刀流の先輩にもその活躍を知らしめた。

 「スーパーマンぶり」も健在だった。大谷は「登板翌日の試合で打つ」。二刀流翌日の試合はここまで7ホーマーを記録していた。しかも前日の試合は高温多湿な環境で序盤から疲れが見えていたこともあり、5回4失点で降板していた。「翔平は投げたがっていたが、翌日のゲームもあったので止めた」とマドン監督。前日のナイターから一転この日はデーゲームだったが、約半日経過後の第1打席で特大ホームランを放つのだから、その超人ぶりには驚きしかない。

【動画】驚きの滞空時間!先頭打者弾となる41号を放つ大谷






 シーズンも終盤にさしかかり、二刀流として投打にわたって、チームに貢献しているがさらなるフル回転を求められる可能性も出てきた。チームはここにきて、先発右腕のバンディが右肩痛で10日間の負傷者リスト入り、先発左腕のデトマーズも同リストに入った。シーズン終盤にきてブルペンの台所事情が一気に苦しくなったことで、現在は主に中6日で登板している大谷の登板間隔が詰められる可能性も浮上している。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧