幾多の修羅場を乗り越えてきたロッテ・細川が大事にしている言葉とは?【千葉ロッテ選手が大切にDOする言葉】

タグ: , 2019/8/1

 継続は力なり。ベテラン細川亨捕手が大事にしている言葉だ。青森大からプロ入り。地元・青森を旅立った時に胸に刻み、以来、今も忘れずにいる。

 「高校の時に何かの本で読んだのがキッカケだと思う。青森が出てきた時から、何事でもやってきたことはしっかりと続けていこうと心に決めた」

(c)千葉ロッテマリーンズ

・合わせて読みたい→
ロッテ・福浦和也 2000本達成の「源」となった動作、ルーティン【千葉ロッテ選手が大切にDOする言葉】(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kazuyafukuura-routine-work/)


 プロ18年目。ライオンズに入団後、ホークス、イーグルスと歩んできた。5度に渡る日本シリーズ出場。日本プロ野球において大ベテランの域に達している男もプロ入り後は苦しみの連続だった。1年目の春のキャンプ。ブルペンで主力級のボールを受ける機会に恵まれた。自由獲得枠から期待されての入団とはいえプロと大学のレベルは雲泥の差。キレのある変化球がなかなか上手くミットに収まらない。当時、ライオンズの主力だった石井貴投手相手にボールを受けている時だった。3球で捕手変更を指示された。

 「恥ずかしかったし悔しかった。でも、練習をするしかないと思った。これがプロかと痛感した」

 細川は全体練習メニューが終わるとひたすらマシン相手にボールをとり、キャッチングの基礎を身につけていった。地味な作業だが技術を向上させるにはその積み重ねをするしかなかった。頭によぎったのは「継続は力なり」。青森から旅立った時に誓った言葉だった。だから、ひたすら続けた。

 「キャッチャーなので、とることが大事。だから今でもそうだけど、まずはとることを大事にしている。時間さえあれば投手の球をとって、個々の投手の球を知って感じるようにしている」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧