ダカールラリーが「世界一過酷なモータースポーツ競技」と呼ばれている理由とは

タグ: , 2021/1/16

 ダカールラリーは15日、サウジアラビアで最終ステージが行われ、2輪ではホンダが連覇を飾った。5回目の出場となるケビン・ベナビデス(32)=アルゼンチン=が総合優勝を果たし、2位にチームメートのリッキー・ブラベック(29)=米国=が続いた。ホンダのワンツーフィニッシュは1987年以来、34年ぶり。

砂丘を駆るホンダのベナビデス(ホンダ提供)

・今すぐ読みたい→
「今度こそ国民栄誉賞ものの快挙ではないか」との声も 佐藤琢磨が3年ぶり2度目のインディ500優勝 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/takumasato-historical-achievement/



 ダカールラリーは今年で43回目を迎え、前回大会からサウジアラビアを舞台に開催されている。当初はアフリカ大陸を中心とした大会で現地の治安悪化で09年から「ダカール」の名称を残したまま南米に移転した。

 ホンダは81年の第3回大会から出場。ワークスチームとして85~89年まで4連覇を飾っていったんは活動を中止した。ダカールに復帰したのは13年から。南米開催ではライバルのKTMに圧倒されて優勝を奪えなかったものの、サウジアラビア開催となって連勝となった。

 ホンダレーシング(HRC)の野村欣滋社長は「ケビン・ベナビデス選手、優勝おめでとう。また、リッキー・ブラベック選手、過酷なラリーを完走し、優勝に相当する素晴らしい結果も残してくれた」と祝福のメッセージを寄せ、「素晴らしい結果を残せたのは、コロナ禍による厳しい環境の中で、すべてのチームスタッフ、すべての開発チームの皆さんが、知恵を絞り、厳しい環境を乗り越えてくれたおかげで、心から感謝をしています」とねぎらった。





 ただし、最終日には他チームの選手が事故で死亡するという悲報も届いた。フランス人のピエール・シェルパン選手が10日に行われた第7ステージで、時速178キロで走行中に転倒。サウジアラビア国内の病院で頭部の緊急手術を受け、容体は安定していたようだが、フランスへ医療航空機で移送中に死去した。52歳だった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧