中野友加里が語る「モチベーション維持」とパフォーマンス発揮で重要なこととは

タグ: , 2021/8/16

 厳しい情勢の中開催されながら無事閉幕した東京五輪。新型コロナウイルスの影響で1年の延期を経ての実施となり、この「1年」という期間は選手にとって良くも悪くも様々な影響をもたらしたことだろう。

今回の東京五輪を踏まえ、フィギュアスケート女子元日本代表の中野友加里さんは、元アスリートの立場から、モチベーションの維持のむずかしさ、さらには現役時代におこなっていた自身の験担ぎについても語った。

【動画】中野友加里が羽生結弦を徹底解剖「彼の強さの秘訣は〇〇!」


ピークをどこに持っていくかに照準を


1年の延期を経て行われた今大会。中野さんは元アスリートという立場から、今回の延期をこう見ていたという。

「1年って、選手がモチベーションを保つことやピークを合わせることってすごく難しかったのではないかと思います。私が選手で、いきなり大会が1年延期されますとなったら、多分『え?1年?』みたいになってしまうと思います。なので、その1年をどう過ごすのかというスケジューリングから始まるのではないかと思いますね。
1年って過ごしてみればあっという間かもしれませんが、例えば私が2009年の全日本選手権に出場予定だったところ、大会が1年延期されますとなったら、ちょっとやれるかなと自信がなくなってしまうかもしれないです。そのくらいピークの持っていき方やモチベーションを保つことって難しいと思います」

アスリートにとって、モチベーションの維持のほか、パフォーマンスのピークをどう大会に照準させるかはとても重要なこと。





中野さん自身、現役時代その点をどのようにコントロールしていたのだろうか。

「私は、ピークをシーズンのどこに合わせて持っていくかということを、佐藤信夫先生といつも話し合ってシーズンを迎えていました。
フィギュアスケートの場合、最初にくる大きな大会がグランプリシリーズ、その後に全日本選手権がやってきます。この全日本選手権はオリンピックや世界選手権の代表が決まる大きな大会になるので、ここに照準を合わせられるように過ごしていました。なので、モチベーションのきっかけとなるのが、意外とグランプリシリーズの結果だったりもしましたね。そこでいい結果を残していくと自分のモチベーションも上がって上り調子になる。全日本選手権でも自信を持っていい状態で迎えられたかなと思います」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧