日光不足が「冬季うつ」の原因!?寒い季節だからこそ、気を付けたいこと

タグ: , 2022/12/29

 寒い季節になると気分が暗くなったり、無気力になってしまうという方はいませんか? それは「冬季うつ」の症状が出ているからかもしれません。

寒くなると冬季うつに悩む方が増えてきますが、いったいどのような原因があるのでしょうか。本記事では冬季うつの原因や改善方法について詳しくご紹介します。

【関連記事】自覚症状が無くても尿は気づいてる。健康診断で早期発見・早期治療





1.「冬季うつ」とは

「冬季うつ」とはいったいどのような症状なのか、一般的なうつとはどのように違うのか、以下に詳しくご紹介します。

1‐1.冬季うつの症状の特徴
「冬季うつ」とは「ウインター・ブルー」、「季節性情動障害」ともいわれる、冬場に起こりやすい症状となります。

代表的な症状としては

・気分が落ち込み無気力になる
・集中力が続かず、仕事や家事が疎かになる
・イライラしたり、精神が不安定になったりする
・出不精になり、あまり活動できなくなる
・日中はいつも眠く過眠気味になる
・食欲がかなりあり、炭水化物や甘いものをたくさん食べたくなる

1‐2.冬季うつの原因
「冬季うつ」は、冬に日照時間が減少してしまうことが原因と考えられています。

日光を浴びることで、脳内にセロトニンが分泌されます。セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれており、精神面に大きな影響を与えるホルモンだとされているのです。

つまり、日照時間が減少することによりセロトニンの分泌量が減り、うつの症状が起こりやすくなるといわれています。

1‐3.一般的なうつとの違い
ほぼ一般的なうつ病と似たような症状が出る「冬季うつ」。しかし、典型的なうつ病とは違い、炭水化物や甘いものをたくさん食べる「過食」、「過眠」傾向になってしまったりという特徴があるといわれています。(※1)

2.冬季うつの治療法

ここからは、「冬季うつ」のおもな専門治療についてご紹介します。

2‐1.日の光を浴びること
最も効果的なのは、1日1回、日の光を浴びること。今の季節、少し寒いですが、防寒対策を行った上で、朝の散歩なども良いかもしれません。
ほかにも高照度光治療といって、特殊なライトを使用した治療法などもあります。太陽光に近い光を30分〜1時間程度目から取り込ませることにより、生活リズムを整える方法です。

睡眠障害外来などでも用いられることがあります。

2‐2.薬物治療
一般的な抗うつ剤を用いた薬物治療も、冬季うつの治療法として用いられることがあります。(※1)

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧