「五輪中止」を社説でうたう朝日新聞が夏の甲子園開催に突き進む理由とは

タグ: , , 2021/6/21


 書いてあることが難しくて、何だか常に上から目線で、取っつきづらいのが新聞の「社説」です。しかし今年ここまで一番多くの人々に読まれたのは、間違いなく5月26日、朝日新聞のそれではないでしょうか。

 「夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める」

 メディア関係者は言います。

 「業界内、みんなビックリ仰天ですよ。だって朝日新聞は東京五輪のオフィシャルパートナーなんですから。書かれている内容はおおむね正論だったんですが、社内でも賛否両論さまざまだったようです。あの日以降、紙面でも何事もなかったかのようにスポーツ面のトップでは、普通にメダル候補の紹介記事が掲載されていますしね。御社は中止を求めているんじゃないの?と心の中でつっこみたくもなりますよ」

 そして国内大会と国際大会の違いこそあれど、やはり問題視したくなるのは、「それでは夏の高校野球大会はOKなのか」ということです。





 前述のメディア関係者は言います。

 「甲子園大会は全国各地から代表校が兵庫、大阪に集い、集団生活を営んだ上で、また各地へと帰っていきます。大阪と兵庫は6月20日で緊急事態宣言が解除され、『まん延防止等重点措置』に切り替わるとはいえ、感染者数が下げ止まりとなっており、決して楽観視できるような状況ではない。集団生活の中でクラスターが発生する可能性もあります」

・今すぐ読みたい→
中止で損失1.8兆円・・・世論の8割反対「東京五輪強行」の損得 https://cocokara-next.com/topic/tokyo-olympics-forced-holding/

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧