なぜ?F1イギリスGP最終周で2位フェルスタッペンが逆転優勝狙いにいかなかった「理由」とは

タグ: , 2020/8/4

 2日に決勝が行われたF1第4戦イギリスGP(シルバーストーンサーキット)ではメルセデスのルイス・ハミルトン(35)=英国=が最終周に左前輪をパンクを喫しながらスロー走行の末にトップでチェッカーフラッグを受けた。この結果に2位となったレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(22)=オランダ=が逆転優勝できたのでは、との声が上がっている。

2位で表彰台に立つレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(ホンダ提供)

・今すぐ読みたい→
F1ドライバーで初の新型コロナ感染者が その同情すべき「感染理由」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/f1-driver-new-corona-virus-infected/



 元F1王者のジャック・ビルヌーブ氏は伊放送局「スカイ・イタリア」の取材に「自分がレッドブルの人間だったら、レース後に怒り狂っていた。(ファステストラップの)エキストラポイントを取るよりもリスクを覚悟で勝ちに行った」と吐露。強気の攻めに出なかったレッドブル陣営の戦略を残念がった。

 52周目の最終周ではフェルスタッペンとハミルトンとの差は約34秒あり、そこから5・856秒差まで詰めたが、フェルスタッペンはその直前の50周を終えたところで2度目のタイヤ交換を行った。それまでのタイム差は約8秒。タイヤ交換をしていなければ、悠々と追い抜いていた可能性がある。

 ピットインしたのは最後にファステストラップを狙い、ボーナスの1ポイントを獲得するため。実際に最終周では全選手の中では最速の1分27秒097をマークしていた。3番手を走るドライバーとは43秒近くもリードしており、タイヤ交換してもそのまま2番手で戻れる状況だった。





 フェルスタッペンはレース後のオンライン会見で「ピットに入らなければ勝てたのではないかと皆さんが尋ねたくなる気持ちはよく分かる。でも、『たられば』を言ってもね。それは全て仮定の話。僕は何も後悔していない」とピットストップ戦略は間違っていなかったと主張した。それを後押しするかのようにレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は「外されたタイヤには約50カ所に小さな切り創が見受けられた。コース上に散らばっていたデブリ(破片)を踏んだということを意味する」と話した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧