建山氏&鶴岡氏が今季の日ハム投手陣予想!クローザーはあの選手!?

タグ: , , , , 2022/2/28

 1ヶ月におよぶ春季キャンプ期間を終えたプロ野球。

各チーム、シーズンインに向けて様々な準備を行えたことだろう。

中でも連日話題をさらっていったのが、新庄ビッグボス率いる日本ハムだろう。

・今すぐ読みたい→
阪神・サトテル 好調な打撃よりも不安視される「守備問題」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/teruakisato-weak-point-02/


グラウンド内ホームベース後ろに「ビッグボスステージ」を設置し、選手の様子を見守ったほか、練習試合のスターティングメンバーをガラポン式で決定するなど、「ビッグボス流」が炸裂した。

キャンプが終了し、ここから開幕1軍に向け、し烈な争いが繰り広げられることだろう。

そんな中、今シーズン日本ハムの投手起用について、チームOBの建山義紀氏と鶴岡慎也氏が、2月25日に放送されたCS放送「GAORA」の中でこう予想した。

まずは、投手陣の柱ともなる、先発ローテーションについて。

鶴岡氏は、

「上沢、伊藤、加藤、立野、河野に加えて、新加入の助っ人外国人勢」

と、昨季ローテーションの中心を担った投手を中心に予想。

一方の建山氏は、

「上沢、伊藤、加藤、吉田輝星、生田目」

と、こちらも鶴岡氏同様の3投手に加え、若手の戦力に期待をした。





そして、もう一つ重要になってくるのが、クローザーのポジションだろう。

昨季は主に杉浦がクローザーとして登板していたものの、現在は左太もも裏の肉離れにより離脱中。開幕1軍も危うい状況となっている。

そんな守護神について、鶴岡氏は、

「石川直也に戻ってきて欲しい」

と、かつて同ポジションを務めた経験のある石川に期待。

加えて、

「日本人であれほど上から投げれる角度だせるピッチャーってなかなかいない。手術明けでプレッシャーをかけたくないが、近い将来クローザーになって欲しい」

と、石川の持つポテンシャルを称賛したうえで、守護神復帰を願った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧