原巨人 ワースト8連敗! 連敗止まらない背景に「続投報道」も関係か

タグ: , , 2021/10/15

 ジャイアンツファンのため息が止まらない。巨人は14日の阪神戦(東京ドーム)に0―3と敗れ今季ワーストの8連敗。打線は相手左腕・高橋を攻略できず、最後は抑えのビエイラが3点を失い、ゲームセット。今季ワーストの1安打で今季13度目の完封負け、9試合連続2点以下と貧打線ぶりが浮き彫りになった。

・今すぐ読みたい→
巨人梶谷 年俸2億円男が今季終了!異例の「大ハズレFA」で原全権監督に影響も https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-lost-the-lottery-fa/



 試合後の原監督は声を絞りだした。「本当にジャイアンツファンに申し訳ない、というね。まだまだできるチームだと思う。何とかしなきゃいけない」と悲壮感を漂わせた。

 先発の山口は7回5安打無失点と好投。続く救援陣も無失点リレーと打線の助けを待つが、投手陣の頑張りに打線がこたえられない。この日の野手のプレーで光ったのは2回、ウィーラーが中田の中飛で二塁へヘッドスライディングを敢行した場面。泥だらけになりながら必死に次の塁を狙う、そんな姿勢こそ、今の巨人ナインに欠けているものかもしれない。

 0―0で迎えた9回のビエイラとのバッテリーも物議を呼んだ。普段組んでいる小林ではなく、捕手に岸田を選択。リズムが合わないのか、何度かマウンドで協議する場面も見られた。結果としてこの回、板山と木浪に連続適時打を浴びるなど、決勝点を奪われたとあって「CSを見据えるにしても戦い方がちぐはぐ。原監督の意図がナインに伝わっていない印象を受ける」(球界関係者)。





 連敗のトンネルから抜け出せないチームにあって、先日の「続投報道」も影を落としていると見る向きもある。今月10日に一部スポーツ紙で報じられた原監督の続投報道。今季が3年契約の最終年を迎える同監督は、来年以降も指揮を執ることには支障がないという内容だった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧