原巨人 9月に入って未だ連勝なし 越えるべき「2つの壁」とは

タグ: , , 2021/9/19

 巨人は18日のヤクルト戦(東京ドーム)に6―6の引き分け。キャプテン坂本の2試合連続となる16号ソロ、中島の6号、代打で出た北村の4号などの一発攻勢もあり、最大4点差を追いつき、執念のドローに持ち込んだ。一方で9月に入ってからは今だ3勝で連勝なし。目指す逆転Vには大型連勝が欠かせないとあって、「2つの壁」が指摘されている。

・今すぐ読みたい→
巨人・丸は「第2の村田」となるのか、思い起こされる「神宮事件」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshihiromaru-shuichimurata/


●9/26(日)巨人vs阪神戦 巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんとオンライン酒飲み観戦!



 
 勝ちきれない。序盤の悪い流れを盛り返したのは良かったがドローが精一杯だった。先発メルセデスが5回を持たず、7安打3四死球5失点の乱調が響いた。最近は先発陣の早期降板が目立つが、一つ目の壁としては「先頭打者を出さない」ことが挙げられる。

 「この日のメルセデスもそうですが、毎回先頭打者を出すとどうしてもリズムが悪くなる。打たれまいと思って小林も慎重にリードした面もあるでしょうが、結局は球数を増やし、早期降板にもつながっていく」(球界関係者)。

 17日の同カードも2~8回まで先頭打者の出塁を許した。守りの時間が長くなるとどうしても攻撃のリズムにもつながりにくくなるとあって、先発陣の奮起が求められる。





 次のポイントは「良い流れを持続する」ことも大事だ。9月に入ってから今だ3勝と苦しむチームには「大量点を取った次の試合で点を取れない、勝ちきれないことが続いている。去年までのチームだったら、そういった節目の試合は必ず取ってきた。そこで流れを作って再度盛り返すのがパターンだったが、そこで苦しんでいる」(同)。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧