「インコースを克服できたらお金が貯まる」野村克也氏が教えた金言の意味とは!?【橋上秀樹氏×川崎憲次郎氏対談】

タグ: , , , 2022/5/19


 現役時代は東京ヤクルトスワローズなどで活躍し、現在は野球評論家として活動する川崎憲次郎氏をゲストに迎え、同じくヤクルトなどで活躍し、引退後は楽天、巨人、西武、ヤクルトさらには侍ジャパンでコーチを務めたBCリーグ新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ監督の橋上秀樹氏が橋上氏のYouTubeチャンネル「橋上秀樹アナライズTV」で内角攻めについて語り合った。

【動画】川崎憲次郎氏が語る、ヤクルトの伝統はここから始まった!ノムさんの内角責めは今でも受け継がれている!

現役時代、シュートを駆使して様々な強打者を抑えてきた経験をもつ川崎氏。今季中日のキャンプでは、山本拓実投手にシュートを教えた経験があったという。

そのシュートボールと投球術には名将・野村克也氏のある教えがあったという。

その時代を振り返り橋上氏は、

「あの当時、野村さんがインコースにはシュートを投げろと言っていたから、右ピッチャーは、ほぼほぼシュート投げてたよね?当時のヤクルトはシュートピッチャーが多かったって言ってたもん。ヤクルトのピッチャーにはかなりぶつけられたって」

と、野村氏はインコースにはシュートを投げ込むという考えを大切にしていたことを明かし、それによって相手打者たちが打ちづらさを感じていたことを振り返った。

これについて川崎氏は

「正直、シュートはそんなに多くなかったです。ただ、インコースのストレートはガンガン投げてたんですよ。だから何となくそういう印象がある」

と、シュート自体が多かったわけではなくインコースへの投球が重要視されていたと記憶をたどった。

これには橋上氏も同意の様子で、さらに野村氏の教えを振り返り、

「『インコースは、シュートを投げろ』というのと、もうひとつは『ストライクじゃなくてボールを放れ』というのを教えられてたよね?だからボールによっては、当ててしまうことも多かったかもしれないね。インコースはストライクを放るものじゃないっていうのが野村さんの持論だったの」

「バッターもピッチャーもインコースがさばけるようになったり、克服できたらお金が貯まるっていうのは野村さんが言っていたよね。ミーティングでも内角球論っていうのを話していた」





この野村氏からの金言を受け、荒木大輔氏も現役選手に同じことを教えているとも話した同氏。

インコースは投手にとっても打者にとっても生命線。このコースを制することができるか否かで成績にも直結するだけに、習得に励んだという。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧