F1の元王者ルイス・ハミルトンが大不振 4戦終えてランキング7位 ポーポイズ現象への対応に四苦八苦

タグ: , , 2022/4/29

不振が続くメルセデスのルイス・ハミルトン(メルセデス提供)

 F1で4連覇を含む7度のドライバーズタイトルを獲得してきたメルセデスのルイス・ハミルトン(37)=英国=が大不振に陥っている。

【関連記事】審判に誰が金を払うかわかっているのか? ファンを置き去りにしている佐々木朗希「恫喝」騒動



 4戦を終えた時点でランキング7位。開幕戦バーレーンGPでは棚ぼたで3位表彰台を獲得したものの、その後は10位、4位と苦しみ、前戦の第4戦エミリアロマーニャGP(伊イモラ)では13位と今季初めて入賞を逃した。しかも優勝したレッドブルのマックス・フェルスタッペン(オランダ)に周回遅れにされる屈辱も味わった。

 メルセデスのトト・ウォルフ代表は「われわれは世界チャンピオンにふさわしくない。マシンを修正する必要がある」とコメントし、レース終了直後にハミルトンに対して無線で「君がドライブするのに必要としていたことについて(足りなかったことを)申し訳ない。まともにドライブできる状態ではなく、得点を取るのにふさわしくもなかった」と謝罪した。

 ハミルトンが苦しんでいるのは「ポーポイズ現象」だ。今季から車両規則が大幅に変更され、かつてグラウンドエフェクトカーと呼ばれていたマシンが1982年以来、32年ぶりに復活。ところが開幕前の合同テストではストレート区間で小刻みに上下動するポーポイズ現象が全チームに発生。フェラーリ、レッドブルなどはある程度のレベルまで解消させることに成功しているようだが、メルセデスはその対応に絶えず苦しんでいる。





 ハミルトン本人も「このクルマ史上、最悪のポーポイジングを経験している」とうろたえるほど。チームメートのジョージ・ラッセル(英国)もエミリアロマーニャGPの決勝では背中に痛みを抱えるほどだったという。縦揺れが続くことでタイヤへの負荷が懸念されており、レース後半のパフォーマンスに影響が出る可能性がある。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧