マンガなの?三河・狩俣が残17秒で同点3P→残4秒で決勝点!代表候補選出の金丸晃輔は41得点でBリーグ・シーズンハイ

タグ: , , , 2019/2/12

2月11日(祝・月)
〇三河 95 ‐ 94 秋田●
(三河通算成績 22勝18敗)

 試合終了のブザーが鳴った瞬間、シーホース三河のベンチメンバー全員が飛び出してきて、小柄なキャプテン・狩俣昌也を抱え上げ、抱きしめた。

 バスケ漫画のような、バスケ観戦冥利に尽きる見ごたえのある激闘、そして結末だった。

  この日発表された、W杯アジア地区2次予選の代表候補にも選ばれたエース・金丸晃輔が厳しいマークにあいながらも41得点、何度も秋田に行きかけた流れを止めた。

 そして、キャプテンの狩俣昌也が苦しい展開の中で残り17秒で味方全員がつないだチャンスで放った同点3Pシュート、そして残り4秒でもらったファウルからのフリースローをきっちり決めて勝ち越し。

 開幕5連敗からスタートし、今シーズンここまで苦しんだ名門チーム、そしてキャプテンの苦労が報われた試合だった。

・合わせて読みたい→
理不尽な状況下でも冷静さを保つ秘訣「リアル・ミッチー」(https://cocokara-next.com/motivation/real-mitchi-coolness-secret/)

4Q全てが激闘の好ゲーム

 試合は立ち上がりから両チームのエナジー全開の激闘となった。秋田ノーザンハピネッツは前日に30点近くの点差で大敗、雪辱に燃え序盤から激しく攻守に渡りプレッシャーをかけた。

 「秋田さんも昨日以上に激しく来た中で、Game1と同じ感じで入ってしまった」と三河の指揮官・鈴木貴美一ヘッドコーチも認めるほど、秋田のディフェンスは激しかった。

 一方、シーホース三河は40分フル出場の金丸が3Pシュート6本、フリースロー15本を含むBリーグシーズンハイの41得点をマーク。ベテランの桜木ジェイアールが20得点9リバウンドと好守にわたり牽引。

 キャプテン・狩俣は15得点10アシストの「ダブルダブル」で要所を締めると、最後は指揮官も「勇気づけられた」と言うホームの「大青援」で秋田にプレッシャーをかけて3点差をひっくり返し、ホーム2連勝をもぎ取った。

開幕5連敗…、苦悩が続いたキャプテン


 主将の狩俣は前日のGame1では出場数秒で2本、またその後の数分以内も含めて合計4本の3Pシュートを外し、すぐに交代でベンチに下がった。雪辱に燃えていた。

 前主将・橋本竜馬(現・琉球)から主将を引き継いで2シーズン目。そして、今シーズンからその橋本と比江島慎(現・栃木)が移籍で抜け、全く別のチームとなった。「新生・シーホース三河が、どんなカラーを打ち出し、チームとしてどのように戦うのか」と自問自答、模索を続けたが、新体制の船出はいきなり開幕5連敗…。チームは苦しみ、プレッシャーが新キャプテンに重くのしかかった。

 残り17秒。「3点差あったので、できれば金丸選手に打たせたかった。でも、アイザック・バッツ選手が良いパスをしてくれたので、迷いなく打った」と心技体を出し切った。

 そして、このまま延長戦突入という雰囲気もあったが、コート上の狩俣選手は冷静だった。

 残り4秒。「両チームともチームファウル5つを超えていた。フリースローを与えれば負ける。逆にファウルを誘えば勝利が近づく…チャンスがあればアタックしようと思っていた」、狩俣は小さな身体で突進していった。それを阻止しようと身体を入れてきたディフェンスに大きくコートに吹っ飛ばされファウルをもらう。最後は決勝点となるフリースローを冷静に決めた。

 試合終了直後、三河のベンチからベンチメンバーが駆け寄り、抱き上げるシーンは、まさに仲間たちも狩俣の苦悩や苦労を見ていた事を表していた。

「リアル・ミッチー」金丸晃輔は大事な場面、接戦の時ほどタフショットを決める

 一方、金丸晃輔は「近年記憶に無い(笑)」と言う40分フル出場を果たした。試合前、金丸は指揮官に「今日、大丈夫です」と伝え、万全の状態だった。

 金丸がボールを持てば、秋田のディフェンスが2人、3人と囲んでくる。金丸晃輔の事を秋田の指揮官は試合後の記者会見で「リーグでこれだけファウルを取られる選手はいない」とコメントするほど、金丸を止める手段が無かった。

 昨年までは先発メンバーと控えメンバーのプレータイムの差が大きかった。「今年はタイムシェア」(鈴木ヘッドコーチ)をさせながら、今季途中に大学から加入した岡田侑大、熊谷航の二人も徐々にプレータイムを伸ばしながら、経験を積ませている。

 三河の前身のアイシンがまだ一部リーグに上がれない時代から三河を率いる名将・鈴木貴美一は、試合後の記者会見で「(新しいメンバーを)思い切って起用している。引き抜きされようが、何だろうが、とにかく育てる!と言う事を考えてやっています」と力強く言い切った。

 今シーズン出遅れてしまった71年目の名門チーム。指揮官が若手を育てるのが先か。それとも、その前にシーズンの行方が決まるのが先か。

 「日本代表期間ブレイク」が終わり、三河のリーグ戦が再開されるのは3月2日、3日の横浜ビーコルセアーズ戦から。昨秋に5連敗でスタートしたシーズンが、春には花を咲かせる事ができるのか。熱い闘いに注目だ。

会場はバレンタイン一色

 熱戦が繰り広げられたコートの外では「シーホースのバレンタイン祭」と題して、金丸が初の栄冠に輝いた前日の『モテ男NO.1決定戦』に続き、この日はバレンタイン恒例二大企画のひとつ『逆チョコ大作戦』を実施。各選手がお気に入りのチョコを直接手渡しでプレゼントし、抽選で選ばれたファン・ブースターを喜ばせた。

 また今節からは、カーシートメーカー・BRIDE社製のシーホース三河オリジナルシート「スポーツシート」が登場。限定24席の心地よい座り心地のシートで、観客はゆったり快適に観戦を楽しんだ。

1Q 三河18–14 秋田

昨日以上の激しいディフェンスゲーム

スターティング5は、#3ミークス、#5バッツ、#12西川、#14金丸、#46生原。

両チームともに昨日以上にハードなディフェンスでぶつかり合い、残り2分半まで5-2とロースコアな立ち上がりとなる。
#32桜木がコートに入ると攻撃が活性化。巧みなターンでマークをかわしてリングに流し込んで膠着状態を打ち破ると、#11熊谷、#30岡田もアグレッシブに攻めて得点。#14金丸もフリースロー、3Pシュートの連続得点で突き放す。
秋田は#13成田の3Pシュートや#21長谷川らのドライブで反撃するが、#30岡田のアタックのリバウンドを#3ミークスが押し込んで、18-14で1Qを終えた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧