鈴鹿サーキット、「F1日本GP開催を2024年まで契約延長」の背景とは

タグ: , 2021/4/25

 鈴鹿サーキット(三重県)を運営するモビリティランドが会見し、F1日本GPの開催が2024年まで延長されることが決まったと発表した。親会社のホンダは今季でF1活動を終了するが、グランプリ開催は継続。F1の世界からの完全撤退はしない方針が貫かれた形だ。

2019年のF1日本GP(ホンダ提供)

・今すぐ読みたい→
「今度こそ国民栄誉賞ものの快挙ではないか」との声も 佐藤琢磨が3年ぶり2度目のインディ500優勝 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/takumasato-historical-achievement/



 モビリティランドの田中薫社長は24日に鈴鹿サーキットで行われた記者会見で「今後も世界中のファンに愛される鈴鹿であり続け、モータースポーツ文化の繁栄に貢献できるよう、三重県、鈴鹿市をはじめとする地域の皆さんと力を合わせていきたい」と語った。3年間の契約延長で、2022年はサーキット開業60周年にあたり、節目の年の開催となる。今年はホンダが3年ぶりに大会の冠スポンサーとなって開催される。

 鈴鹿サーキットがF1初開催をしたのは1987年。83年からスタートした第2期F1プロジェクトの真っただ中で、グランプリ招致に成功し、フジテレビがF1放送権を獲得。中嶋悟が日本人初のフルタイムF1ドライバーとして活躍したこともきっかけとなり、F1ブームに火が付いた。

 92年にホンダはF1からいったん撤退するが、鈴木亜久里、片山右京ら多くの日本人ドライバーがF1に参戦し、ヤマハ、無限ホンダもエンジン供給していた時代で、日本GPの開催は当然のごとく続けられた。





 2000年にホンダがF1に復帰。その後、トヨタもF1参戦を果たし、07、08年にトヨタ系の富士スピードウェイ(静岡)で日本GPが実施されたこともあった。リーマン・ショックが追い打ちをかけ、ホンダ、トヨタともF1から撤退するが、09年からは鈴鹿でのF1開催に一本化され、開催契約はここまで順調に更新されてきた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧