鈴鹿サーキット、「F1日本GP開催を2024年まで契約延長」の背景とは

タグ: , 2021/4/25

24日に行われた日本GPの報告会見(ホンダ提供)


 ホンダ側も鈴鹿をF1文化の発信基地ととらえている。かつてはオートバイのロードレース世界選手権の日本GPも鈴鹿で開催されてきたが、2004年からは同じホンダ系サーキットのツインリンクもてぎ(栃木)へ移行。03年のグランプリで将来のホンダのエースライダーと期待された加藤大治郎選手が事故死したことも影響しているとみられるが、2輪の世界では鈴鹿は「鈴鹿8耐」、もてぎは「モトGP」というすみ分けとなっている。

 ホンダがF1を撤退してからも鈴鹿サーキットで展開されている「鈴鹿サーキットレーシングスクール」(SRS)はフォーミュラ部門を含めて継続していく方針で、ホンダの渡辺康治ブランド・コミュニケーション本部長は会見の中で「ホンダが活動を終了することで、確かに機会は可能性として少なくなることはあるが、基本的にはホンダがいなくてもF1の世界で参戦できるようなレベルの選手をしっかりと育てていく。F1だけでなく、世界のトップカテゴリーで通用する選手の育成を続けていく」とした。

 ちなみにアルファタウリ・ホンダのF1デビューを飾った角田裕毅(20)もSRSの出身。ホンダがF1活動を中断している間もスクールは継続しており、角田自身はホンダがF1復帰して2年目の16年にフォーミュラ部門の「SRS―Fアドバンス」に入校。世界へ羽ばたく進路が切り開かれた。SRS自体もホンダが第2期F1の活動を終了した1992年に2輪部門からスタート。その後、カート、フォーミュラと部門が増やされ、拡大していった経緯があり、ホンダのモータースポーツ活動を支えた一面も持つ。

 モータースポーツはここ数年で脱ガソリンエンジンへの道が議論されており、F1も開発費が高騰する現行のハイブリッドエンジンによるパワーユニット方式をどのように転換させていくかが課題となっている。これはあくまでも私見ながら、F1がカーボンニュートラルの理念に沿った大掛かりな構造改革を模索した場合は、ホンダも復帰の可能性を探るかもしれない。

 自動車業界も五里霧中の状態にある。今は過去のF1中断期間と同様に、F1とのパイプを維持して、選手の人材育成も続ける。あからさまに「未練」を世の中に示すのも一つの手ではないかと思う。

[文/中日スポーツ・鶴田真也]

トーチュウF1エクスプレス(http://f1express.cnc.ne.jp/)






※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
F1・角田裕毅が日本人初となるデビュー戦入賞「フェルナンド・アロンソをパスした瞬間・・・」
次のステップに脱皮したいホンダ 4度目のF1撤退を決めた「真の理由」とは
ルイス・ハミルトンがF1歴代単独最多の通算92勝目をマーク 未だシューマッハーが優位に立つとされるポイントとは?




「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧